こんにちは。『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』のサイト運営管理責任者の味方良太郎です。

先日から新しいテーマに入りました。新しいテーマは『日本の問題点』です。

本サイトで田舎暮らしや理想の町について、様々な角度から説明してきておりますが、日本の問題点を理解しないままでは、田舎暮らしや理想の町も成功させることは難しいのです。

まずは、日本の問題点を理解してもらうことが大切なので、これからはそのことを時間をかけて詳しく説明したいと思います。

さて、日本の問題点は何でしょうか?

これまでに日本人の特徴として価値観の説明をしてきました。そして、昨日はその日本人の価値観を一言で表現すると『固定化』だと言いました。

それでは、この日本人の価値観としてしみついてしまっている『固定化』が、日本の問題点とどう関係があるのでしょうか?

昨日は、企業とマイホームについて、時代のズレの問題点を説明しました。

本日は、その続きを話したいと思います。

40代で35年の住宅ローンを組むことに問題があることは、中学生だって分かります。

30代で35年の住宅ローンを組むことに問題があることは、中学生だってわかります。

それでは25歳で35年の住宅ローンを組むことに問題はないのでしょうか?ここは中学生では理解できません。

60歳で定年を迎える社会では、この計算式は合っているかに見えます。

今の会社が10年後20年後30年後40年後も存在するかどうかは、誰にもわかりません。

しかし、多くの人が、高度経済成長時代とは違って、将来設計を立てることが難しくなったことは確かです。

また、もし会社が潰れたりリストラにあった場合に、40代や50代でも転職をすることになります。

その場合に、給料が今までよりも減少する方が圧倒的に高くなります。

その際に、住宅ローンの支払いが可能なのでしょうか?

更に晩婚化が進んでいることによって、親子との年齢差が問題になってきます。

高度経済成長時代であれば、自分が40代で一番稼ぎ時の時に、子供が大学生になり一番お金が掛かる年代になったので、ライフサイクル的には問題なくクリアすることが出来ました。自分が50代の時には子育ては終わり、子供に対する教育費が掛からなくなるので、早期退職や転職して給料が下がっても問題がありませんでした。

しかし、晩婚化が進んでいる今では、50代になっても子供がまだ中学生や高校生や大学生と言う場合が少なくありません。

そうなると、お金が一番掛かる時期に、自分はお金を一番稼がなければならないことになります。

つまりそうなると、40代や50代で企業が潰れたりリストラにあったりすると、生活が成り立たなくなり、住宅ローンの支払いにも大きく影響を与えることになるのです。最悪、支払いが滞り、家を取り挙げられることにもなります。

このように時代が変化し、時代が『流動化』しているにもかかわらず、住まいへの考え方や住宅ローンの考え方が高度経済成長時代のままの価値観である『固定化』システムを採用しているために、問題が起きているのです。

今の時代、35年の住宅ローンは時代に完全に合っていません。

35年住宅ローンは今では、人を破産に導くためのシステムです。

当然、使い方や考え方によっては、この35年住宅ローンも上手く活用することは可能なのですが、多くの人は深く物事を考えないために破産へのカウントダウンを始めてしまうのです。

35年住宅ローンの弊害はまだまだあります。

続きは明日また、説明したいと思います。

本日はありがとうございました。