こんにちは。『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』のサイト運営管理責任者の味方良太郎です。

先日から新しいテーマに入りました。新しいテーマは『日本の問題点』です。

本サイトで田舎暮らしや理想の町について、様々な角度から説明してきておりますが、日本の問題点を理解しないままでは、田舎暮らしや理想の町も成功させることは難しいのです。

まずは、日本の問題点を理解してもらうことが大切なので、これからはそのことを時間をかけて詳しく説明したいと思います。

さて、日本の問題点は何でしょうか?

これまでに日本人の特徴として価値観の説明をしてきました。そして、昨日はその日本人の価値観を一言で表現すると『固定化』だと言いました。

それでは、この日本人の価値観としてしみついてしまっている『固定化』が、日本の問題点とどう関係があるのでしょうか?

昨日までは、働き方について企業側と働く側の価値観のズレについて説明してきました。

本日は、働き方と関連するのですが、住まいについて説明したいと思います。

日本は高度経済成長時代にマイホームという価値観が生まれました。

生活が豊かになるにつれて、いつかは自分の家が欲しいという考え方になったのは自然の事かもしれません。

その頃の日本は、一つの企業に定年まで働く事が普通の事でしたから、通常であれば35年~40年ぐらい同じ企業に働くことになりました。また、企業の業績が年々右肩上がりのが普通でしたから、将来への見込みや希望の予測が立つことができました。また、今の人ほど贅沢な人が少なかったので、節約してお金を預貯金に回す人がほとんどでした。更に、20代で結婚して、子供を作る人が普通でしたので、30代でマイホームを持つ人が多くいました。そこで、今まで節約して貯めたお金を頭金に入れて、残りを25年~30年ローンで支払することなるのです。お金を貸す側も、同じ企業に定年まで60歳まで働く事が前提だったため、25年~30年の借り入れをしても返済のめどがつくために問題がなかったのです。

この時代は、高度経済成長➡企業に定年まで働く➡戦前の親の教えで節約志向で頭金を貯める➡マイホームを30年住宅ローンで組むという図式が上手く成り立っていました。

しかし、バブル崩壊後はこのような図式が成り立たないにも関わらず、それ以上の住宅ローンを組んでいるから問題になるのです。

今の時代は、同じ企業に定年まで働く可能性が低くなった➡バブル景気の親は贅沢志向➡頭金ゼロで35年住宅ローンを組む、という図式になっています。ただ、今は低金利からゼロ金利なために、支払いが低く抑えられているため、何とかなっている人も多いのですが、昔と違って頭金を入れる人が非常に少なくなり、尚且つ35年ローンという超長期ローンを組むことが普通になっています。また、昔と違って晩婚化が進んでいるために、40代でマイホームを買う人が少なくありません。更に、高度経済成長時代と違って、将来へのポストや昇給が約束されていない上に、退職金や年金もあてになりません。昔であれば、住宅ローンの残債は最終的には退職金で支払い、残った分は老後に使うことが出来たのですが、今ではそのような計算が成り立たないのです。

お金の問題だけではありません。

住まいや住宅ローンの問題はもっと根が深いのです。

続きは明日また、説明します。

本日もありがとうございました。