こんにちは。『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』のサイト運営管理責任者の味方良太郎です。

先日から新しいテーマに入りました。新しいテーマは『日本の問題点』です。

本サイトで田舎暮らしや理想の町について、様々な角度から説明してきておりますが、日本の問題点を理解しないままでは、田舎暮らしや理想の町も成功させることは難しいのです。

まずは、日本の問題点を理解してもらうことが大切なので、これからはそのことを時間をかけて詳しく説明したいと思います。

さて、日本の問題点は何でしょうか?

これまでに日本人の特徴として価値観の説明をしてきました。そして、昨日はその日本人の価値観を一言で表現すると『固定化』だと言いました。

それでは、この日本人の価値観としてしみついてしまっている『固定化』が、日本の問題点とどう関係があるのでしょうか?

昨日は、昔と同じように社員を『固定化』しようとする、実力者を自社に囲むようにすることは、時代にズレているという事を話しました。

何故かと言いますと、一番大きな理由は、人という価値は、1社の企業が独占するようなものではないからです。人という価値は、社会全体のものであり、社会全体に貢献されるものであり、還元されるものであるからです。1社の企業が一人の能力を独占するようなものではありません。

また、昔の日本のように、若者がどんどん増加していくような人口構造であれば、まだ労働人口の価値が低かったから1社が30年も40年も一人の能力を独占することが出来たかもしれません。しかし、今のように若者がどんどん少なくなり、労働人口も減少していくような時代の中では、1社の企業が一人の能力を独占するようなことがあっては、社会にとっていいことでありません。

世の中が『流動化』したのだから、社員も『流動化』するべきなのです。

世の中が『流動化』しているのにも関わらず、1社に社員を『固定化』しようとすることは間違っています。

人口減少の今の時代、一人の人間の能力を最大限に活用するべきなのです。

昔のように、副業禁止、ダブルワーク禁止などといってる場合ではありません。

一人の能力や力を、多くの企業や社会に活用すべき時代が来たのです。

一人の能力や力を解放してあげるべきなのです。1社の企業が独占してはいけません。

社員に対して、副業やダブルワークや週末起業などを率先的に進めて、力を解放してあげるべきです。

そのようにすれば、能力者や実力者などの労働力の奪い合いが減り、囲い込むこともなくなるでしょう。

今や日本人の労働力は減少しつつあり、能力者は更に限りあるものになっています。

そのような時代の中では、昔の価値観である『固定化』が日本の成長に大きな妨げになっているのです。

この価値観のズレが、日本の問題を引き起こしているのです。

分かりますでしょうか?

本日は以上です。

続きはまた明日説明します。

ありがとうございました。