親の時代 高度経済成長

親の時代 高度経済成長

こんにちは。『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』のサイト運営管理責任者の味方良太郎です。

先日から新しいテーマに入りました。新しいテーマは『日本の問題点』です。

本サイトで田舎暮らしや理想の町について、様々な角度から説明してきておりますが、日本の問題点を理解しないままでは、田舎暮らしや理想の町も成功させることは難しいのです。

まずは、日本の問題点を理解してもらうことが大切なので、これからはそのことを時間をかけて詳しく説明したいと思います。

さて、日本の問題点は何でしょうか?

これまでに日本人の特徴として価値観の説明をしてきました。そして、昨日はその日本人の価値観を一言で表現すると『固定化』だと言いました。

それでは、この日本人の価値観としてしみついてしまっている『固定化』が、日本の問題点とどう関係があるのでしょうか?

前回も説明しましたが、時代と共に価値観も変化していくものです。

時代とマッチした価値観と言うものがあります。

しかし、今現在日本で起きている問題の原因の一つに、時代とミスマッチした価値観が幅を利かせていることなのです。

これまでに説明をしてきた通り日本の歴史を見れば分かりますが、日本の価値観である『固定化』を形成してきた要因が沢山ありました。

島国であったり、四季があったり、士農工商という身分制度があったり、家長制度があったり、高度経済成長があったり、終身雇用制度があったり、35年住宅ローンがあったりです。

これらの要因が日本人の価値観である『固定化』を形成していったのです。

しかし、時代が大きく変わりました。

20年以上前にはバブル経済が崩壊して、高度経済成長は終焉を迎えました。終身雇用制度が崩壊しつつあり、非正規雇用社員が増加し、一人暮らし世帯が半数近くになりました。また、21世紀からはインターネットの時代が来て、携帯電話が普及し、ここ数年ではスマホを持つ人が増加しました。

時代の流れが速くなり、変化が激しくなる中で、今までの日本人の価値観である『固定化』という考え方が時代に合わなくなってきたのです。

しかしそれでも、まだ大半の日本人がこの『固定化』という価値観に縛れている要因は、昨日も説明しましが親からの価値観の継承にあるのです。

戦後から始まりバブル崩壊までの約40年間という長い期間の高度経済成長のインパクトが強かったために、この時代の価値観をバブル崩壊してから20年以上経った今でも継承してしまっているのです。

ここ20年で時代が大きく変わったことを理解せずに、今までの古き良き時代の日本の価値観を継承してしまっているために、多くの問題が起きてしまっているのです。

簡単に言えば、時代と価値観がミスマッチしているのです。

今の時代に合っていない価値観が広まっているためにおかしなことになっているのです。

詳しくはまた明日説明します。

本日は以上です。

ありがとうございました。