日本人の価値観 夢のマイホーム

日本人の価値観 夢のマイホーム

おはようございます。『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』のサイト運営管理責任者の味方良太郎です。

先日から新しいテーマに入りました。新しいテーマは『日本の問題点』です。

本サイトで田舎暮らしや理想の町について、様々な角度から説明してきておりますが、日本の問題点を理解しないままでは、田舎暮らしや理想の町も成功させることは難しいのです。

まずは、日本の問題点を理解してもらうことが大切なので、これからはそのことを時間をかけて詳しく説明したいと思います。

さて、日本の問題点は何でしょうか?

これまでに日本人の特徴として価値観の説明をしてきました。そして、昨日はその日本人の価値観を一言で表現すると『固定化』だと言いました。

日本人の固定化とは、島国の為に国に固定化される、ふるさとに固定化される、農家の人は土地に固定化される、家に固定化される、会社に固定化される、仕事に固定化される、夫婦や家族に固定化される、仲間やグループに固定化される、趣味やスポーツに固定化されるなどです。

良い意味でも悪い意味でも、日本人の特徴はこの『固定化』で説明できる部分が大きいのです。

例えばですが、戦後からバブル崩壊までは、日本はサラリーマン天国の時代だったことを昨日説明しました。

サラリーマンになった若者が、いつかはマイホームを持とうと、頭金を貯めて家を買う事を夢に見ている時代がありました。

20代で結婚して、30歳前後で30年前後の住宅ローンで家を買う。定年までには住宅ローンを完済して、のんびりした老後を年金と退職金で過ごすという事が、日本人の夢のプランでした。

ここでも、日本人の『固定化』が出て来るわけです。それは30年前後の住宅ローンです。最近では35年の住宅ローンが通常になりましたが、戦後間もないころは、25年~30年の住宅ローンもありました。この30年前後の住宅ローンが、日本人をその町と土地と家に縛り付け『固定化』させる大きな要因になっているのです。

家族で住む住宅を30年前後の住宅ローンで購入しているために、どうしても、サラリーマン時代は住宅ローンの返済で終われる時代になるわけです。そうなると、必然的に同じ会社で働き続けることになってしまうのです。なぜなら、住宅ローンの返済計画は、今の会社に働き続けることを前提に組み立てる場合がほとんどだからです。また、多くの人が今働いている会社の近くの住宅を購入する為に、同じ会社で働く事を前提としているのです。

つまり、会社と住居をセットで考えている人が非常に多いという事なのです。会社で30年以上働く=会社の近くに家を住宅ローンで購入=30年以上住宅ローンを払う=住宅ローン完済までは会社は辞められない、という公式が成り立ってくるのです。

こうして、戦後の日本人は、会社と自宅に縛られて『固定化』された生き方をサラリーマン時代に送ることになったのです。

主婦の方は、子育てと地域に密着した生き方をするようになりましたが、子供がある程度大きくなると自由が生まれるために、主婦の方は15年~20年である程度流動化した生き方もできる人がいるのです。

本日は以上です。

ありがとうございました。