都会暮らしと田舎暮らしの間の暮らし

都会暮らしと田舎暮らしの間の暮らし

こんばんは。『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』のサイト運営管理責任者の味方良太郎です。

これまで1週間以上かけて、都会暮らしと田舎暮らしについて説明してきましたが、如何でしたでしょうか?

都会暮らしにも都会のレベルが存在し、田舎暮らしでも田舎のレベルが存在します。

つまり、都会暮らし~田舎暮らしまでさまざまなレンジが存在するわけなのです。決して、我々の暮らしは都会暮らしと田舎暮らしの二つに一つに分けられるわけではありません。両極端の都会か?田舎?ではないのです。

我々は常に両極端の間を選んで生きています。例えば、仕事を選ぶときに給料が大切か?仕事内容が大切か?福利厚生が大切か?働きやすさが大切か?家からの距離が大切か?などそれぞれの選択する為の指標を持っているかと思います。給料が良ければ、他の部分は全くゼロでいいかというとそうではありませんね。それそれのバランスを考えて最終的に選択をするのです。

人それぞれ価値観があり、その価値観を元に、あらゆる選択を決めているわけなのです。自分にとって、何が大切なのか?何が大切でないのか?を判断しながら、選択しているのです。

暮らし方でも同じことが言えます。都会暮らしにするか?それとも田舎暮らしにするか?という時に、自分が何を大切にしているかによって、暮らし方が変わってくるのです。また、先ほども言っているように、両極端のどちらか一方を選ぶことは滅多になく、通常は両極端の間を選択するのです。

つまり、ある面では都会暮らしの部分が大切だが、ある部分では田舎暮らしも大切だと判断して暮らし方を選ぶわけです。それは人によってすべて判断が違うわけなのです。

都会が好きか?田舎が好きか?都会が嫌いか?田舎が嫌いか?の判断はみな、人それぞれの価値観の中にあるのです。

両極端を選択する人も当然いるかもしれませんが、それはごく僅かな人です。多くの人が、極端な間を選択するのです。

都会暮らしと田舎暮らしの間の暮らしを選択して生活をするのです。

今までも何度も言っていますが、都会暮らしが優れていて田舎暮らしが劣っているという事ではありません。どちらが素晴らしいという事でもありません。二つの存在で一つの事象なのです。二つでワンセットなのです。

我々は、経験していなことには憧れがあります。ない物ねだりになるのです。都会暮らしの人は田舎暮らしに憧れて、田舎暮らしの人は都会暮らしに憧れるものなのです。

都会暮らしと田舎暮らしの両方を経験することのよって、暮らし方と言うものを本当に理解できるようになるのです。

両方経験することによって、そのちょうど中間地点の暮らし方があることも理解できるようになるのです。

これまでに、1週間以上にかけて、都会暮らしと田舎暮らしについて説明してきましたが、如何でしたでしょうか?

都会にも田舎にもそれぞれメリットとデメリットがあることが分かったことと思います。

また、それぞれのメリットデメリットも表裏一体だという事も分かったことと思います。

お互いのメリットとデメリットを本当に理解できるようになれば、どこに行っても楽しい暮らし方ができると思います。

これで、『都会暮らし 田舎暮らし』のシリーズは終わりにしたいと思います。

明日からはまた違うテーマで説明していきたいと思います。

本日は以上です。

ありがとうございました。