田舎暮らしを始める前に 田舎レベルを知ろう!

田舎暮らしを始める前に 田舎レベルを知ろう!

おはようございます。『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』のサイト運営管理責任者の味方良太郎です。

昨日まで、田舎暮らしをするための判断基準になる『田舎レベル』の説明を1週間以上かけて説明してきました。

如何だったでしょうか?

都会暮らししかしたことのない田舎暮らし初心者が、田舎暮らしをして失敗する理由の大きな原因は『田舎レベル』を理解していないことがあります。多くの田舎暮らし初心者がやる過ちの一つに、初めから『田舎レベル』の上級~最上級に挑戦してしまうことです。

山登りの初心者が富士山に登りたいと考えるのと同じです。普通に考えれば誰でもわかることですが、初めから最上級のものに挑戦しては失敗することが目に見えています。しかし、当の本人は意外にも気づかないものなのです。

山登りにも登山レベルがあるように、田舎暮らしにも『田舎レベル』と言うものが存在します。

田舎暮らしの初心者はまずは『田舎レベル1』から入門しないといけません。しかし、田舎暮らしの失敗例を見ると『田舎レベル5~6』である上級者~最上級者向けの田舎を選んでいるのです。これでは間違いなく失敗します。

まずは『田舎レベル1~2』の初心者向けから入門して馴らしてから、『田舎レベル3~4』の中級者向けを試して、最後に『田舎レベル5~6』の上級者向けに挑戦することをお勧めします。

最近では、地方の自治体が東京などで、地方移住を勧誘する説明会などが多く開かれるようになりました。その多くの自治体が人口で言えば1万人~20万人までの『田舎レベル3~4』である場合がほとんどです。中には1万人を切るような『田舎レベル5』も混じっています。

説明会に訪れる人の多くが、田舎暮らし初心者ですから、中級者~上級者向けの地方自治体の田舎暮らしにチャレンジすることはかなり難しいと言えるでしょう。

ただ、最近の地方自治体はその場しのぎの上手い事を言って勧誘をすることはなく、現実の田舎暮らしの厳しさもしっかり話してくれます。それを理解したうえで移住するかどうかを決めてもらうのです。

ただ、それでも田舎暮らし初心者が『田舎レベル3以上』から、入門することは失敗する率を非常に高くします。

それでは、どのようにすれば失敗をしないかと言いますと、やはり『田舎レベル』を知り田舎暮らしというものをしっかり理解していく必要があります。自分がこれから住もうとしている田舎が『田舎レベル』1~6のどれに当たるのかを理解していないと、『予想していた田舎暮らしと全く違かった』『予想以上に不便だった』『予想以上に仕事が無かった』なんて失敗が起こってしまいます。

本サイト『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』では田舎暮らしを応援するためのサイトです。地方や田舎の情報を知りたい人に、ピッタリの情報を提供する為のサイトなので、是非ともメルマガの無料登録をして情報を取得してもらいたいと思います。

今の時代、正確な情報をより多く知っている者がよりうまくいくのです。

このサイトだけに限らず、いくつか信用のできるサイトに登録して情報を取得することをお勧めします。

今回1週間以上かけて説明してきました『田舎レベル』の事をここまで詳しく解説したサイトは今までにないと思います。

他のサイトや他の本などにはないような情報をこれからも、どんどん提供していきたいと思います。

本日は以上です。

ありがとうございました。