第一都市を中心に第二第三の都市が形成

第一都市を中心に第二第三の都市が形成

おはようございます。『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』のサイト運営管理責任者の味方良太郎です。

昨日は、田舎暮らしの初心者向けである『田舎レベル1』の説明をしました。レベル1は地方の第一都市の田舎のことでした。

本日は、『田舎レベル2』の説明をしたいと思います。

田舎レベル2は、地方の第二・第三都市の田舎の事を言います。人口で言えば、およそ20万人~50万人程度の都市になります。確認の為に言いますが、駅近くや中心地でのことではありません。あくまでも第二・第三都市の田舎エリアのことが『田舎レベル2』なのです。

北海道で言えば、旭川市や函館市。青森県で言えば、八戸市や弘前市。鳥取県で言えば、米子市や倉吉市。広島県で言えば、福山市や呉市。鹿児島県で言えば、霧島市や鹿屋市になります。

ただ、上記の第二第三都市を見ても分かる通り、誰でも知っている都市とほとんど知られていない都市があると思います。ほとんど知られていない都市は人口20万人を遥かに下回っている都市です。

つまり、同じ第二第三都市と言えども、田舎レベルで言えば全く違うものになってしまうことがあるのです。

が、しかしです。それでも、県内で第二・第三の都市であれば、それなりに発達しているのです。先ほどは人口20万人~50万人を目安にしていると言いましたが、人口だけが田舎レベルの指標ではありません。人口は一つの目安に過ぎないのです。

県内で第二都市や第三都市であれば、第一都市へのアクセスがいいはずです。県の中心にすぐに行ける範囲なのです。第二都市や第三都市になる理由は、第一都市との連携があるから第二第三都市になれるのです。第二第三の都市に住んでいれば、例えその都市内の田舎エリアに住んでいても、県の中心へすぐにいくことが出来ます。県の中心へ仕事に行くことが出来ます。また、第二第三都市でもそれなりに仕事があります。それなりに都会を味わえます。

『田舎レベル2』までは、都会と田舎の両方のメリットを享受することが出来るエリアなのです。

映画館も市内に数か所あるので、余暇を楽しむことも出来るエリアです。

『田舎レベル2』であれば、田舎暮らしの初心者でも対応できます。都会暮らしと大きなギャップを感じることもないでしょう。

仕事も問題なく探すことが出来ます。病院だってあります。買物だって出来ます。なんら問題がないのです。

また、仮に第二第三都市の駅近くに住んでいたとするのなら、田舎暮らしというには中途半端な場所になります。田舎レベルで言えばワンランクアップすることになりますので、第一都市の田舎と同じレベルになり、『田舎レベル1』にランクアップすることになります。同じ市内であっても、駅近くであればワンランク田舎レベルがアップすることを理解してください。生活が便利になるからです。

つまり、明日説明する『田舎レベル3』の駅近くであれば、田舎レベル2にランクアップしてしまい、本日の第二第三都市の田舎エリアと同じレベルになるということです。

当然ですよね。同じ市内であっても、駅近くと駅から車で30分のエリアが同じ田舎レベルであるはずがありません。細かく言えば、もっと田舎レベルを刻むことができるのですが、話がややこしくなるので、同じ市内であれば駅近くと駅から遠くの田舎エリアの2通りに分けることにしました。

本日説明しました、『田舎レベル2』である地方の第二都市・第三都市の田舎エリアであれば、田舎暮らしの初心者でも十分に田舎暮らしを楽しむことが出来ると思います。地方の第二第三都市に住んでいても、ちょっと車で走ればかなりの田舎になるからです。田舎暮らしを楽しみながら、都会の恩恵も得ることが出来るのです。

本日は以上です。

明日は『田舎レベル3』を説明したいと思います。

本日もありがとうございました。