国際交流 海外との交流

国際交流 海外との交流

おはようございます。『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』のサイト運営管理責任者の味方良太郎です。

『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』サイトでは、『世界平和村』や『理想の町』を創ることを目的とし、それには『自立』『交流』『移動』を日本に広げることが大切なことだと、昨日までに説明しました。

『自立』と『交流』と『移動』の3つは密接な関係があり、その中でも自立が一番大切なことも言いました。また、自立にも『精神的自立』『生活的自立』『経済的自立』の3つがあり、その中でも『精神的自立』が一番大切なことも説明してきました。

日本が今よりも成長発展していくためには『自立』『交流』『移動』は必須です。

『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』では、さまざまな交流を通して、自立と移動を促す構造にしています。

一つ目の交流は都会と田舎(地方)の交流です。単純に都会の人と地方の人だけの交流ではなく、地方自治体と都会の人との交流や、地方自治体と地元の住人との交流や自治体内部の交流なども生まれるのです。

二つ目の交流は自治体とボランティアの交流を活発化にします。

三つ目の交流は自治体と企業の交流です。自治体と企業の交流といってもその内容は主に下記の三種類あることを説明しました。

自治体と企業の交流の種類

①企業誘致する為の交流

②自治体と企業との連携によるまちづくり・町おこし・村おこし

③企業の社会的責任(CSR)との交流による、まちづくりや環境保全など

四つ目の交流とは大学との交流です。大学との交流もいろいろあります。主に下記の五つがあります。

①住民と大学との交流。

②自治体と大学との交流。

③企業と大学との交流。

④ボランティアと大学との交流

⑤大学と大学との交流

または、上記5種の組み合わせの交流。

五つ目の交流とは情報の交流です。

六つ目の交流とはお金の交流です。投資家の交流も含まれます。ここまでは昨日説明しました。

それでは、最後の七つ目の交流です。

七つ目の交流は海外との交流です。外国との交流です。外国人との交流です。国際交流です。

このサイトの最終目的は、世界平和であり日本平和であり、理想の町や理想の自治体を創ることにあることは、何度も説明してきました。また、世界平和村を山陰地方に創ることも言いました。

世界平和村とは、世界各国の人を数組づつ同じ場所に住む村または町のことです。例えば、1か国20人とすれば、200ヵ国で4000人になります。小さな世界と考えれば分かりやすいかもしれません。小さな地球です。

その小さな世界を日本に創るにあたって、まずは日本に理想の町を創ることから始めるのです。日本人が満足できないような町は海外の人も満足できるわけがありません。そこで、日本中に交流を活発化させることにより、理想の町を日本にどんどん創っていくことを今までに説明してきたのです。

それと並行して進めていく必要があるのが、海外との交流です。海外との交流もいろいろあります。姉妹都市の提携をして、文化交流を図る方法もあります。学生の交換留学をする方法もあります。技術提携をする方法もあります。留学ならなぬ留職プログラムを組む方法もあります。交換観光もできます。

つまり、海外との学生との交流、職業人の交流、観光客の交流、技術や文化の交流、など出来ることは沢山あります。

外国と交流を活発化して、日本の良さを海外にアピールすることによって、日本に来る人も多くなります。

海外からの人・情報・お金・コミュニティの4種類の交流が日本を成長発展させてくれます。

また、初めは海外の観光客を狙って、海外との交流を始めたとしても、次第に日本の海外への対応力が身に付いて来れば、自ずと海外の人が増えてきます。観光によって、日本のよさが理解できれば、滞在期間が延びて、やがては永住になる可能性もあります。ビジネスで来る人も増えてきます。日本の人口も増えてきます。経済も活性化します。海外との交流が、日本の問題を解決してくれるのです。

20世紀的な考え方は捨てなければなりません。日本は日本だけで存在できているわけではありません。少子高齢化や人口減少だといっても、日本の問題にすぎません。世界では人口爆発で問題が山積しています。日本の人口減少はむしろ世界では喜ばしい事なのです。グローバル化していくこの世の中で、日本の問題を日本国内だけで解決してようとするのは愚かな選択です。世界中と繋がっている日本は、世界と切り離して物事を考えることはできません。常に、世界の流れを意識して、世界と繋がっている思考を日本国内に取り入れていく必要があるのです。

地方創生と叫ばれている今、都会と地方だけの問題だと考えてはいけません。日本の問題は、世界の中の問題とも言えるのです。

日本が日本国内の問題や課題を解決するには、世界の人・情報・お金・コミュニティを活用する必要があるのです。

海外との交流を活発化させることによって、海外の人・情報・お金・コミュニティが日本に流れてきます。

日本が成長発展していくためには、海外との交流は必須です。

日本が、明治維新から一気に世界に追いついたのも、高度経済成長で一気に世界トップの経済大国になれたのも、海外との交流があったからです。

これから、三度目の日本の発展がおとずれます。

今までの歴史上で最も飛躍する時がおとずれます。それは、世界中との交流によって起こります。

この『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』では、海外との交流も視野に入れつつ、各自治体にこのことを広めていきます。

各自治体があらゆる交流を活発化させて、海外との交流を活発化させることが出来れば、地方創生は上手くいきます。

本日は以上です。

ありがとうございました。