交流や取引がお金の交流につながる

交流や取引がお金の交流につながる

おはようございます。『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』のサイト運営管理責任者の味方良太郎です。

『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』サイトでは、『世界平和村』や『理想の町』を創ることを目的とし、それには『自立』『交流』『移動』を日本に広げることが大切なことだと、昨日までに説明しました。

『自立』と『交流』と『移動』の3つは密接な関係があり、その中でも自立が一番大切なことも言いました。また、自立にも『精神的自立』『生活的自立』『経済的自立』の3つがあり、その中でも『精神的自立』が一番大切なことも説明してきました。

日本が今よりも成長発展していくためには『自立』『交流』『移動』は必須です。

『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』では、さまざまな交流を通して、自立と移動を促す構造にしています。

一つ目の交流は都会と田舎(地方)の交流です。単純に都会の人と地方の人だけの交流ではなく、地方自治体と都会の人との交流や、地方自治体と地元の住人との交流や自治体内部の交流なども生まれるのです。

二つ目の交流は自治体とボランティアの交流を活発化にします。

三つ目の交流は自治体と企業の交流です。自治体と企業の交流といってもその内容は主に下記の三種類あることを説明しました。

自治体と企業の交流の種類

①企業誘致する為の交流

②自治体と企業との連携によるまちづくり・町おこし・村おこし

③企業の社会的責任(CSR)との交流による、まちづくりや環境保全など

四つ目の交流とは大学との交流です。大学との交流もいろいろあります。主に下記の五つがあります。

①住民と大学との交流。

②自治体と大学との交流。

③企業と大学との交流。

④ボランティアと大学との交流

⑤大学と大学との交流

または、上記5種の組み合わせの交流。

五つ目の交流とは情報の交流です。ここまでは昨日説明しました。

本日は六つ目の交流です。六つ目の交流はお金です。

私が考える交流とは『人(企業や自治体や団体も含む)』『情報』『お金(投資家も含む)』の3つのことを言います。

これまで自治体や企業や大学やボランティアや住民の交流の説明をしてきました。人や団体の交流が生まれれば、そこには必ず情報とお金も付いて動いてきます。人と共に自然と付いてくる情報とお金ですが、昨日も言いましたが、意識して動かす必要があるのです。自然と付いてくる情報やお金よりも、意識して交流させる情報やお金の方がより大きな力になります。

お金とお金の交流がより大きなお金や経済効果を生み出すのです。それは、今まで説明してきました人と人との交流や、情報と情報との交流など、すべての交流において同じことが言えます。ひとつの交流がより大きな交流を生み出すのです。

お金の交流と言うと意味が分かりづらいと思いますが、簡単に言えば『取引』のことです。『取引』とは売買や契約のことを言います。

より多くの取引や契約を交わすことが、より多くのお金をもたらす方法です。

例えばですが、自治体は自分たちの自治体内にお金を落とすことが基本なので、自治体内の業者に業務を依頼します。当然と言えば当然の考え方ですが、実はそれが経済を衰退させる考え方なのです。多くの部分はそれで構いませんが、時には自治体外部の業者に仕事を依頼することも必要なのです。自治体外部と取引をすることによって、自治体外部にお金が行きます。しかし、その代り、外部の人間が自治体内部に入ってきます。人が入って来れば、必ず情報とお金の交流が始まります。外部の人間からの情報とお金が内部に入ってくることになるのです。ここが非常に大切なポイントです。『取引』は人と情報とお金をもらたすのです。お金だけの損得の問題ではありません。人と情報とお金の交流がもたらすものは、時間と共に大きく成長発展していくのです。人が人を呼び、情報が情報を呼び、お金がお金を呼ぶようになります。それが、例え初めは小さな流れだったとしても、やがて大きな流れになっていくのです。そのことをしっかり理解しなけばなりません。『取引』が無ければ、小さな流れさえも発生することはありません。小さな『取引』でも始めることで交流が生まれるきっかけになるのです。同じ相手とだけの交流や取引では、情報や交流が偏ります。出来るだけ、新しい相手と取引することを勧めます。

また、前回も説明しましたが、一人の人には何十人~何百人のコミュニティが付いています。一人の人や企業と『取引』をすることによって、コミュニティも動くのです。そのコミュニティがまた情報やお金をもたらすことになるのです。

それでは、経済取引の他に、お金の交流は何があるのでしょうか?

例えば、募金や協賛金と言うものがありますが、こちは交流とは呼び難いです。なぜなら、一方通行で終わってしまう場合が多いからです。寄付者が何かに困っている団体等にお金を渡すだけで、困っている団体から上手くいった場合に何かを提供してくれる場合がほとんどありません。もちろん、募金や協賛金とはそもそも見返りを求めるものではないので、仕方がない事なのですが、『交流』が生まれない限り大きな力に発展しません。大きな力を生むためには交流が必要なのです。

そこで、必要な考え方が『投資』です。投資は『一度投げたものが時間がかかって大きくなって帰ってくる』という、サケの遡上のような性質を持って言います。もちろん帰ってこないサケもいますが、大きくなって帰ってくることを期待する楽しみがあります。

例えば、A自治体とB自治体との間に川や山があり、交流を妨げているとします。そこで、A自治体とB自治体が話し合って、橋やトンネルを作ることになったとします。しかし、両自治体には財政難でとてもそのようなお金がないとしましょう。そこで、一般公募をして、協力者と投資家を募集するのです。協力者や投資家は、橋やトンネルが出来ることによって、両自治体がより良く成長発展していくことを期待して、お金を投資するのです。もちろん、いろいろな投資家がいます。実際にその両自治体でお店の経営や不動産経営をして、橋やトンネルが出来ることにより、自分のお店が発展したり、不動産価格が上昇したりすることを期待する人もいます。また、全く自分には利益はないが、橋やトンネルが出来ることによって、社会がより発展してくれるなら、それでいいと考える投資家もいます。どちらにしろ、投資の考え方は将来に期待してお金を活用するものなので、社会をより良くするのです。

最近は、社会投資家という言葉や社会的責任投資(SRI)という言葉も聞かれるようになってきました。また、ベンチャーフィランソロピー、ファンドレイジング、コーズマーケティング、コーズレーティングマーケティングなど、社会貢献の為にお金を集めたり使ったりする手法もどんどん増えてきています。これもお金の交流の一つです。

当然なことですが、お金の交流が活性化することによって、日本や地方も活性化します。しかし、お金の交流だけを考えるとなかなかうまくいかないものです。なぜなら、それが現状の日本だからです。お金の交流を意識しながら、人との交流や取引を積極的に行っていくことで、情報とお金を多くもたらす結果になっていくのです。

本日は、以上です。

ありがとうございました。