大学とボランティアの交流

大学とボランティアの交流

おはようございます。『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』のサイト運営管理責任者の味方良太郎です。

『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』サイトでは、『世界平和村』や『理想の町』を創ることを目的とし、それには『自立』『交流』『移動』を日本に広げることが大切なことだと、昨日までに説明しました。

『自立』と『交流』と『移動』の3つは密接な関係があり、その中でも自立が一番大切なことも言いました。また、自立にも『精神的自立』『生活的自立』『経済的自立』の3つがあり、その中でも『精神的自立』が一番大切なことも説明してきました。

日本が今よりも成長発展していくためには『自立』『交流』『移動』は必須です。

『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』では、さまざまな交流を通して、自立と移動を促す構造にしています。

一つ目の交流は都会と田舎(地方)の交流です。単純に都会の人と地方の人だけの交流ではなく、地方自治体と都会の人との交流や、地方自治体と地元の住人との交流や自治体内部の交流なども生まれるのです。

二つ目の交流は自治体とボランティアの交流を活発化にします。

三つ目の交流は自治体と企業の交流です。自治体と企業の交流といってもその内容は主に下記の三種類あることを説明しました。

自治体と企業の交流の種類

①企業誘致する為の交流

②自治体と企業との連携によるまちづくり・町おこし・村おこし

③企業の社会的責任(CSR)との交流による、まちづくりや環境保全など

本日は四つ目の交流を説明したいと思います。

四つ目の交流とは大学との交流です。大学との交流もいろいろあります。主に下記の五つがあります。

①住民と大学との交流。

②自治体と大学との交流。

③企業と大学との交流。

④ボランティアと大学との交流

⑤大学と大学との交流

または、上記5種の組み合わせの交流。

昨日までは、①住民と大学との交流と②の自治体と大学との交流と③企業と大学との交流を説明しました。

本日は、④ボランティアと大学との交流です。

大学は学問や教育の中心であると同時に、世の中を良くしていく中心であるべきです。そもそも、学問や教育とは世の為人の為に役に立つ人間を育てることにあります。今の時代、学生を社会に送り出す大学側の責任として、社会で通用する大人であることはもちろんのこと、ボランティア精神を育てる事が何よりも大切なことになってきます。

自分のお金儲けよりも、世の為に役に立つ人間になりたい気持ちを育てること、社会貢献の必要性を教えることが重要なのです。

最近の大学生は、ボランティア活動に非常に熱心です。全国の大学生のボランティアが各地で連携して、町おこしや地域おこしを頑張っているのです。昔ではありえないことでしたが、今の大学生は身銭を切ってでも、ボランティア活動をする人が大勢いるのです。

大学側は、自分たちの生徒にボランティア活動を推奨することはもちろんのこと、地元住民や企業のボランティア活動と交流を取って、ボランティアの一大拠点として活躍することが求められます。もしかしたら、本来は自治体が行うべきことなのかもしれませんが、今はそのようなことを言っている時代ではありません。必要なことであれば、自治体がやっても大学がやってもいいのです。両方やっても構いません。自治体と組んでもいいのです。

大学生のボランティア活動が、大学生だけではなく、地元住民や企業までも巻き込んで、まちづくりや地域活性化に貢献出来たら、どれだけ素晴らしい事でしょうか。また、地元でも主婦や若者でもボランティアをやりたい人が年々増えています。何かしたいけど、何をしたらいいのか分からない人、どこで活動したらいいのか分からない人が大勢いるのです。そのような人たちに、大学側の呼びかけでボランティアに参加してもらうのです。

ボランティアの中には、NPOなどの団体もいます。大学側は、地元のNPOと連携を図り、あらゆるジャンルのボランティアを検討していく必要があります。地域に求められている事、地域が困っていること等をヒアリングしながら、リスト化し、実際に活動しているNPOやボランティア団体や企業を探すのです。活動しているグループがいれば、そこを中心に大学と連携して、大きく広げていくことが出来ますし、活動しているグループがいなければ、大学側で始めればいいのです。

ボランティア活動を大学側が力を入れて行えば、必ず注目されます。地元の人たちに愛されます。多くの人に愛されている大学は必ず発展します。卒業生からの寄付金も多く集まります。賛同者や協力者が大勢集まります。入学したい学生も増えます。

大学側がボランティアとの交流を図ることで、すべてがいい方向に動き出すのです。

本日は、以上です。

ありがとうございました。