大学と企業との交流

大学と企業との交流

おはようございます。『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』のサイト運営管理責任者の味方良太郎です。

『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』サイトでは、『世界平和村』や『理想の町』を創ることを目的とし、それには『自立』『交流』『移動』を日本に広げることが大切なことだと、昨日までに説明しました。

『自立』と『交流』と『移動』の3つは密接な関係があり、その中でも自立が一番大切なことも言いました。また、自立にも『精神的自立』『生活的自立』『経済的自立』の3つがあり、その中でも『精神的自立』が一番大切なことも説明してきました。

日本が今よりも成長発展していくためには『自立』『交流』『移動』は必須です。

『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』では、さまざまな交流を通して、自立と移動を促す構造にしています。

一つ目の交流は都会と田舎(地方)の交流です。単純に都会の人と地方の人だけの交流ではなく、地方自治体と都会の人との交流や、地方自治体と地元の住人との交流や自治体内部の交流なども生まれるのです。

二つ目の交流は自治体とボランティアの交流を活発化にします。

三つ目の交流は自治体と企業の交流です。自治体と企業の交流といってもその内容は主に下記の三種類あることを説明しました。

自治体と企業の交流の種類

①企業誘致する為の交流

②自治体と企業との連携によるまちづくり・町おこし・村おこし

③企業の社会的責任(CSR)との交流による、まちづくりや環境保全など

本日は四つ目の交流を説明したいと思います。

四つ目の交流とは大学との交流です。大学との交流もいろいろあります。主に下記の五つがあります。

①住民と大学との交流。

②自治体と大学との交流。

③企業と大学との交流。

④ボランティアと大学との交流

⑤大学と大学との交流

または、上記5種の組み合わせの交流。

昨日までは、①住民と大学との交流と②の自治体と大学との交流を説明しました。

本日は、③企業と大学との交流です。

企業と大学との交流と言うと、すぐに商品開発や合同研究のような、商売や産業目的に目が行きがちになります。実際日本の企業と大学との交流と言うとそのような例がほとんどです。合同研究や開発も必要なことですが、それだけではもったいない事です。また、それだけでは交流とは呼び難いです。一部の研究者だけではなく、もっと多くの人が関係する必要があります。

例えばですが、大学と近くの企業と一緒になって、地元のゴミ拾いをしたり、スポーツ大会をやったりと、多くの大学生と企業の社員との交流が必要なのです。また、学生が企業に体験的に仕事をしたり、企業人が大学に勉強をしたりと、お互いに交換留学のようなことをすることで、高め合うことが出来ます。そのような交流を通すことで、お互いが身近な存在になり、親密な関係になります。例えば、学生は卒業したら、その企業に働きたくなる可能性が高くなります。反対に企業の社員は自分の子どもをその大学に行かせたくなります。お互いがお互いを認めて助け合いをしていくことになるのです。

大学生は学生の視点や若い人の視点を持っています。企業人は企業人や社会人としての視点を持っています。お互いが自分たちにない視点を持っていますので、交流することによって、ないものを補い合うことが出来るのです。ここが企業も学生も成長発展していくポイントです。

また、交流が深まって来れば、もっと大きな事が出来るようになります。例えば、今までは大学と企業と2者間での交流だけだったものが、自治体や住民も交えて交流をするような考えが生まれます。地元で大きなイベントをやったり、地域活性化やまちづくりのために協力したりするようになるのです。

多くの人が交流すればするほど、多くの考え方が発生するので、より成長発展していくのです。

大学と企業が隣同士であっても、全くコミュニケーションを取っていない場合がほとんどだと思います。非常にもったいない事です。大学と企業が交流をきっかけに協力しあえば、とてつもない大きな力が生まれます。お互い普段は決して混じり合う事のない存在が、交流をすることにより、それぞれが新たな発見をするようになるからです。

大学と企業との交流を、少し柔らかい表現で言えば、学生と社会人の交流と言えます。学生は社会人と交流することによって、社会人の知識や考え方やマナーなど多くを学ぶことが出来ます。反対に社会人は学生と交流することにより、若者の考え方やファッションや流行などを学ぶことが出来ます。交流することにより、仕事や売り上げや経営的なことのメリットもありますが、それよりも人間的な交流により、他文化への理解力や共感力が増し、依存ではなく助け合いの社会が拡大し、犯罪やいじめのない社会、孤独が無い社会になっていくことが大きいのです。

本日は以上です。

ありがとうございました。