大学と自治体との交流

大学と自治体との交流

おはようございます。『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』のサイト運営管理責任者の味方良太郎です。

『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』サイトでは、『世界平和村』や『理想の町』を創ることを目的とし、それには『自立』『交流』『移動』を日本に広げることが大切なことだと、昨日までに説明しました。

『自立』と『交流』と『移動』の3つは密接な関係があり、その中でも自立が一番大切なことも言いました。また、自立にも『精神的自立』『生活的自立』『経済的自立』の3つがあり、その中でも『精神的自立』が一番大切なことも説明してきました。

日本が今よりも成長発展していくためには『自立』『交流』『移動』は必須です。

『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』では、さまざまな交流を通して、自立と移動を促す構造にしています。

一つ目の交流は都会と田舎(地方)の交流です。単純に都会の人と地方の人だけの交流ではなく、地方自治体と都会の人との交流や、地方自治体と地元の住人との交流や自治体内部の交流なども生まれるのです。

二つ目の交流は自治体とボランティアの交流を活発化にします。

三つ目の交流は自治体と企業の交流です。自治体と企業の交流といってもその内容は主に下記の三種類あることを説明しました。

自治体と企業の交流の種類

①企業誘致する為の交流

②自治体と企業との連携によるまちづくり・町おこし・村おこし

③企業の社会的責任(CSR)との交流による、まちづくりや環境保全など

本日は四つ目の交流を説明したいと思います。

四つ目の交流とは大学との交流です。大学との交流もいろいろあります。主に下記の五つがあります。

①住民と大学との交流。

②自治体と大学との交流。

③企業と大学との交流。

④ボランティアと大学との交流

⑤大学と大学との交流

または、上記4種の組み合わせの交流。

昨日は、①住民と大学との交流を説明しました。

本日は、②の自治体と大学との交流です。

住人が『知の集合体』である大学と交流することのメリットがあるように、自治体も大学との交流は非常に大きなメリットがあります。

地域の中心は住人かそれとも自治体かという議論は横に置いて、大学も地域の中心となるべき存在であります。

各分野のトップレベルの教授陣が集まった大学の知恵を使わない手はありません。それは、住民や自治体だけの話ではなく、企業や国も同じことが言えます。

また、大学の教授陣だけではなく、学生たちも非常に優秀なうえに、活動的です。まちづくりや地域活性化をするにあたり、自治体と住民の力を合わせることは非常に大切なことだと何度も言っていますが、大学との連携も大切になってきます。

知恵は教授陣から力を借りることが出来ますが、実際の活動は学生の力を借りることになります。若者の力はすごいものです。最近の学生は非常にまじめであり、かつ社会貢献に飢えています。今や大学生でボランティア活動をしている人が大勢います。それらの学生と組んで、自治体はまちづくりや地域活性化を勧めれば、どれだけ心強いか分かりません。また、学生にとっても大変貴重な経験であり、やりがいのあることであります。社会に出る前に、お金儲けではない社会との関わり方を経験していくことが、実社会でも役に立つのです。

また、自治体としても地元住民の満足度を上げることも考える必要があります。少子高齢化の上に、人口減少が激しい自治体は、企業でいう顧客満足度を上げることが、住民からのクレームやの転居を防ぐことに繋がるからです。昨日も説明しましたが、ここ数十年、生涯学習を考えている人が多くなっているので、自治体側が積極的に大学と組んで、地域住人の生涯学習を進めていくことが、地域住人の満足度を上げる方法の一つになってきます。自治体が運営する様々な場所で、大学のポスターや大人が通うことのできる講座や授業などの告知をすることで、積極的に生涯学習をアピールしていくのです。また、大学の活用も積極的に進めて、住民と大学との垣根を低くしていくのです。それと反対に、大学側では自治体が告知したい内容のポスターを校舎に貼り、学生に広めることも手伝うのです。自治体と大学とお互いが協力しあい宣伝しあうのです。

また、自治体と大学といっしょになってイベントをやったり、防災防犯活動や、講演会をやったりと、幅広く考えることができます。

大学と自治体が交流を図ることは、お互いにメリットがあり、かつ地元住人にとっても非常に有益なことなので、是非実施されるべきです。

本日は、以上です。

ありがとうございました。