大学と住人との交流

大学と住人との交流

おはようございます。『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』のサイト運営管理責任者の味方良太郎です。

『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』サイトでは、『世界平和村』や『理想の町』を創ることを目的とし、それには『自立』『交流』『移動』を日本に広げることが大切なことだと、昨日までに説明しました。

『自立』と『交流』と『移動』の3つは密接な関係があり、その中でも自立が一番大切なことも言いました。また、自立にも『精神的自立』『生活的自立』『経済的自立』の3つがあり、その中でも『精神的自立』が一番大切なことも説明してきました。

日本が今よりも成長発展していくためには『自立』『交流』『移動』は必須です。

『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』では、さまざまな交流を通して、自立と移動を促す構造にしています。

一つ目の交流は都会と田舎(地方)の交流です。単純に都会の人と地方の人だけの交流ではなく、地方自治体と都会の人との交流や、地方自治体と地元の住人との交流や自治体内部の交流なども生まれるのです。

二つ目の交流は自治体とボランティアの交流を活発化にします。

三つ目の交流は自治体と企業の交流です。自治体と企業の交流といってもその内容は主に下記の三種類あることを説明しました。

自治体と企業の交流の種類

①企業誘致する為の交流

②自治体と企業との連携によるまちづくり・町おこし・村おこし

③企業の社会的責任(CSR)との交流による、まちづくりや環境保全など

本日は四つ目の交流を説明したいと思います。

四つ目の交流とは大学との交流です。大学との交流もいろいろあります。主に下記の五つがあります。

①住民と大学との交流。

②自治体と大学との交流。

③企業と大学との交流。

④ボランティアと大学との交流

⑤大学と大学との交流

または、上記4種の組み合わせの交流。

まずは、①住民と大学との交流です。今までに何度も説明してきましたが、成長発展するには多くに交流が必要となります。

大学は学問の最上級が学べるところです。『知』の集合体といってもいいでしょう。『知の集合体』である大学を地域の中心的担い手と考えることも出来ます。大学と住民が連携することによって、間違いなく地域も成長発展していきます。当然、まちづくりや地域活性化にもなります。

地域住民と大学が交流することのメリットは決して住民側だけにあるわけでありません。地域住民と大学との交流により、様々なアイデアが生まれます。大学生の新しく優れた慣性が、地域に活かされ、地域がより良くなっていきます。大学生の活躍の場が与えられることになります。地域活性化によって、地元住民の人口も増え、大学生の活躍の場が増えるようになれば、その大学の評価が高まります。

今や情報伝達のスピードは速いので、地元だけではなく、全国的にも有名になります。そうなれば、大学側としても全国から生徒を集めることが可能になり、経営的にもゆとりが出てきます。経営的なゆとりが出てくれば、それをまた地域や学生に還元することができ、相乗効果が期待できるのです。

また、大学が地域住民と交流を持つことにより、生涯学習の考え方が広まります。今まで勉強してこなかった人や、勉強したくて出来なかった年配の人などが、大学に行って勉強してみようと思うようになるのです。交流によって、大学が身近な存在になることが大切なのです。学歴の低い人にとって、大学とは近寄りがたい存在である場合があります。それが、地域の住民との交流を通して、大学への一種の恐怖感を払拭できるようになるのです。

今や大学は若い人だけの特権ではないのです。大人になっても、社会人になっても、高齢者になっても大学で勉強できる時代なのです。また、少子高齢化や人口減少に伴って、大学側も学生不足に悩まされているのです。大学側も今までのように若者だけを対象にした授業をしていたのでは、永続的な経営は出来ないのです。年齢問わず、受け入れ体制が整っている大学が求められているのです。

大学が成長発展していくためには、住民との交流が欠かせないのです。最近の大学は、如何にして地元の住民とコミュニケーションを取り、交流を図るのかで頭を悩ませているのが現状です。

本日は、以上です。

続きはまた明日説明します。

本日もありがとうございました。