日本の経済効果

日本の経済効果

おはようございます。『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』の
サイト運営管理責任者の味方良太郎です。

本日は昨日の続きを話したいと思います。

世界平和村を日本に建設することによって、日本にもたされるものは①国際化②イノベーションの他にまだあります。それは、莫大な経済効果です。

まず①の国際化でも前回説明しましたが、世界平和村を日本に作ることにより日本国内の外国人対応レベルが格段に上がり、国際評価が高まります。国際評価が高まることにより、海外からの観光客はもちろんビジネスマンや移住者も増えます。

世界中の人々が日本に来ることによる経済効果は莫大なものです。重要なポイントとしては、観光客だけではなくビジネスマンや移住者が増えるという事なのです。もちろん観光客による経済効果も大きいですし、地域活性化の為にも観光客が増加することは必要なことではあります。日本の国際対応力が付けばつくほど、観光客からの評判は高まります。リピート率も高くなるうえに、口コミが広がり更に観光客は増えていくことでしょう。しかし、観光客は数日でいなくなってしまいますが、ビジネスマンや移住者は長い期間を日本にいてくれます。ビジネスマンや移住者が増えれば増えるほど、日本の経済効果は格段に上がっていきます。当然、海外の人が日本に増えれば、それに対応する為のビジネスがまた生まれることになり、それが更なる経済効果を生み出すのです。

昨日は②のイノベーションの説明をしました。日本に世界平和村が建設され、世界中の人々が日本で活躍され、自国のPR活動を続けることにより、新しい文化が日本に入ってくるのです。今まである日本の文化と海外の文化が交ざることによって、イノベーションが生まれるのです。つまり、新しい文化が生まれるのです。新しい文化が生まれるという事は、それに合った生活様式や思考が生まれるという事です。料理や洋服や装飾品や生活スタイルなど、新しい商品やお店やサービスやビジネスが生まれるのです。そのことによる経済効果も莫大なものです。

日本の歴史は今まで大きく考えて2回のイノベーションが起きています。それに伴い2回の経済発展がありました。

まず一度目は江戸末期の開国の時です。今までの鎖国を終了して、先進諸国の100年進んだ文化を取り入れることにより、日本の国力は一気に世界でトップクラスにまでなりました。二度目は高度経済成長の時です。戦時中は世界との交流を遮断して、情報が入ってきませんでしたが、敗戦によりまた世界との交流が始まり情報が入ってくるようになりました。

このように、国が大きく発展する時は、今までにない情報が入ってくる時なのです。

世界平和村を日本に建設することよって、持たされるものは世界中の多くの情報です。多くの情報が入ってくることにより、イノベーションが起こり、日本に莫大な経済効果をもたらすのです。これが日本の三度目の経済発展です。日本が大きく経済発展するには、世界中と交流することにより、今までにない情報を入れることなのです。