味方良太郎です

味方良太郎です

初めまして!『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』の
サイト運営管理責任者の味方良太郎(みかたりょうたろう)です。

私は、子供の頃から世界平和を目指して、今まで生きてきました。

去年、初めての電子書籍として『21世紀の思考法』という本を出版いたしました。この本は、思考を専門的に扱った本なのですが、世界平和を目指す為の本でもあります。どうすれば、世界が平和になるのかを、生まれてからずっと考え続けた結果の答えが、『交流』であると確信しました。

人々の交流、情報の交流、国々の交流、文化の交流が相手を分かり合うことになり、争いのない平和な世界が実現する為の唯一の方法なのです。交流無くして、戦争を無くすことはできません。交流無くして、あらゆる格差を無くすことはできません。交流無くして、問題を解決することは出来ないのです。

世界平和の前にまずは、日本を平和にしたいと考えます。その為には、日本国内での交流をもっと活性化しないといけないのです。それでは、交流とはどのようなことを言うのでしょうか?一言で説明するとすれば、それは『自由なあり方』だと思います。今までのように、どこか1カ所に縛られるような生き方では交流は活発化しません。例えば、日本社会には村社会という閉鎖的なコミュニティが未だ存在します。古くからの村のしきたりがあり、それを守らなければ村八分にされてしまうのです。先祖代々の田畑の土地を守り、一子相伝のように引き継がれていく農家の教えもその一種です。また、会社組織や労働体系も古い思想です。同じ会社に一生働く、または1カ所の会社で長く働くことが善だとされてきました。家も35年の住宅ローンが存在する為に、同じ地域に長く住む必要性があるのです。また、日本の戸籍制度にも問題があるのでしょう。離婚や再婚などには「戸籍が汚れる」などの発想が根強く残っているために、離婚をして新た人生を歩むことに躊躇する人が大勢います。これらの日本的風習や発想が、本来あるべき姿の真の自由な交流を妨げているのです。今やもうそのような時代ではありません。

いろんな場所に住んで、いろんな会社で働いていいのです。同じグループの人だけと付き合うのではなく、いろいろなグループと付き合っていいのです。仕事だって、副業やダブルワークなど複数持ってもいいのです。家だって、夏は北海道、冬は沖縄という暮らしも出来ますし、平日は都会でサラリーマン、週末は田舎で自給自足と言う暮らしだってあるのです。様々なコミュニティを持って、いろいろな人の思考を学ぶことで、新たな発見が生まれ、イノベーションが生まれ、成長発展していくのです。

すべてを独り占めしようと言う考え方がいけないのです。例えば、企業は我先にと良い人材を独り占めにしようと考えます。自治体もそうです。人口減少で少子高齢化という事で、若い人を自分たちの自治体に呼び込んでは抱えこうもうとします。コミュニティやあらゆる団体もそうです。自分のコミュニティや団体が一番すぐれていて、他のところは目の敵にしたりします。そのような考え方は衰退を招くのです。血液の流れや川の水の流れと同じく、人も流れなければ腐って死に至るのです。独り占めはいけません。行ったり来たりして流れることが成長発展する方法なのです。

今、日本に必要なことは、子供を無理やり増やすことではありません。人口減少はたいした問題ではありません。人口減少で問題になるような構造にしていることが問題なのです。1カ所に留まって淀んでいることに大きな問題があります。労働力や生活力の一人の力を一人分に抑えているのが今の社会構造です。一人の人間の力を一つの企業や一つの自治体が縛り付けるから、一人としての力しか発揮しないのです。分かりますでしょうか?人口減少している日本は、一人の力を数人分の力を発揮できるような構造にしないといけないのです。それが交流社会なのです。

私は、日本のあらゆる問題を解決する為に、この『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』の運営を始めることにしました。このサイトの目的は、交流の活性化なのです。都会と地方の交流。都会の人が田舎に行ったり、都会に戻ったりする。田舎の人が都会に行ったり、田舎に戻ったりする。自治体同士の交流も活発化する。いろいろな場所でコミュニティを持つようにする。いろいろな人と交流を持つようにする。企業と自治体が交流を持つようになる。ボランティアと自治体の交流。企業とボランティアの交流。営利企業と非営利起業(NPO)との交流。国と自治体の交流。国と企業とのこ交流。国とボランティアとの交流。あらゆる、交流を可能にし、無限の可能性と発展成長が期待できる、それがこの『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』なのです。この兄弟サイト『都会暮らし・理想の町どっとこむ』も制作中です。

皆様が交流に参加することにより、日本が活性化して、日本がより良くなっていくのです。まずは、自分が変わることから始まるのです。理想の町を探したい人、田舎暮らしがしたい人、人を呼びたい自治体関係者の人、まちづくりに協力したいボランティアや学生の人、社会貢献をしたいCSR担当者の人、地元の活性化に協力したい、または協力してもらいたい人など、あらゆる人がこのサイトに参加してくれることを待っています。

まずは、3つある登録ボタンから自分にあったボタン登録をお願いします。長いアンケートがありますが、世の為人の為自分の為と思って頑張って入力をお願いします。よろしくお願いします。以上、味方良太郎でした。