田舎暮らし 理想の町 町づくり 地域活性化 第二の人生 地方移住 スローライフ 自立社会の確立 企業の社会的責任 CSR ボランティア募集 地域コミュニティ 地方自治体 まちづくりコンサル

第二の人生

  • HOME »
  • 第二の人生

第二の人生

第二の人生

第二の人生

第二の人生という言葉は、2007年~団塊の世代が定年を迎えるときに良く聞かれた言葉でした。団塊の世代は昭和22年~24年生まれの事を指し、2007年~2009年に定年(60歳)を迎える人たちです。この3年間の人数は691万人もいて、直前の3年間より20%も多く、直後の3年間よりも26%多いのです。因みに今は2016年なので、あれから10年が経ちました。この10年間で約2,000万人も定年を迎えたことになります。つまり60歳~70歳の人口が2,000万人弱いることになるのです。すごい人口ですよね?日本の人口が約1億2,000万人ですから、その6分の1がこの年代なのです。

 団塊の世代の時代・特徴(ウィキペディアより抜粋)

第二の人生 団塊の世代

第二の人生 団塊の世代

大学進学率が15~20%程度と低く、大半の高校生は卒業すると同時に就職する。中学校卒業するとすぐに就職する若者も多い。また、女性に対しては『女に学問はいらない』という時代だったため、大学に行く女性は少なかった。その為、団塊の世代の特徴としては、勉強に飢えている部分があり、勉強熱心である。大学に対して非常に憧れやコンプレックスがある。

また、地方農村部の中学校や高校では、東京や大阪などの大都市へ集団就職する若者も多かった。若い時に田舎で暮らしていたので、定年後に田舎に戻って、また田舎暮らししたいと考えるようになる。彼らは『金の卵』と呼ばれ、大都市の向上などで働くようになり、日本経済の底を支えた。

ファッションという概念が浸透し始めたのもこの世代からであり、男性はジーンズ、女性はミニスカートが一般かし、レジャーやドライブなどもこの世代から好まれるようになった。若者文化の基盤と呼ばれるものであった。この世代は、それまで絶対的なものとして意識されていた欧米(アメリカが中心)と東洋(日本)の文化の対立を相対化し、両方を楽しもうとする多文化世代の先駆けとなった。

1970年代になると結婚・出産がピークになり、これらの子どもが団塊ジュニアと呼ばれる。従来の家制度の意識が薄れ、核家族による家庭指向が強く、見合い結婚と恋愛結婚が逆転した世代である。そのため、団塊の世代が親元から独立して家庭を持つようになると、著しい住宅不足となった。この対策として、大都市の均衡には数多くの核家族向けの近代的な団地が造成された。

また、大手企業は、社員の福利厚生用の集合住宅タイプの社宅を構えた。その周辺に生活物資を売る商店が集まり、衛星都市と呼ばれる中都市ができた。これによって大都市を取り巻く都市圏は大きく広がり、それに伴う通勤通学の為の交通網の整備が急がれ、鉄道の輸送力増強や新線建設、道路の新設や拡張が行われた。都市拡張の時代である。

1986年から1990年のバブル景気時代には、団塊の世代は40歳前後の働き盛りとして社会の中核を担っており、企業で仕事に没頭するあまり家庭を顧みなくなったり、さらには過労死で突然命を失った団塊男性も少なからず存在した。熟年離婚という言葉もこの世代の人たちを指しているものである。

団塊の世代の人口が多い分、年金を受給し始めると大きな負担となることが考えられるため、1990年だいから年金問題は発生まで時限性を持った社会問題となり、たびたび改革案が提示された。結果的には給付額の削減と納付額の引き上げが行われ、厚生年金は60歳から受け取れるものの、基礎年金は63歳~65歳給付と、一部の支給開始時期が先送りされた。円高傾向や、豊富な時間と力を生かして秘境や辺境、特殊なアトラクションを経験するツアーが人気になっているのも、この世代に見られる特徴である。

団塊の世代の中卒のいわゆる『金の卵』が労働推進力となった時期は、高度経済成長期と重なり、最も人数が多かった高卒就職者は高度経済成長中期・末期と重なる。日本の高度成長期は1960年~1990年であるが、この時期は団塊世代などによる日本の人口ボーナス期(労働力人口割合が増える時期)と重なっている。

大きな人口構成で日本の経済大国化を担った団塊世代は、生産者としても消費者としても突出しており、良くも悪くもそのパワーで日本を世界第2位の経済大国に押し上げた。団塊の世代がひとたび、ある商品を志向すれば、その商品はたちまち大きなマーケットを形成した。車や家電然り、住宅然りである。

日本の製造業にはトヨタやホンダ、ミサワホーム、ソニー、シャープ、NECなど、団塊の世代の加齢とともに成長した企業も多い。流通業においてはイトーヨーカドー・セブンイレブンジャパン、ダイエー、セゾングループ、日本マクドナルドなどの大量生産、大量消費志向の企業が、団塊の世代の加齢と歩調を合わせるように大きな成長を遂げ、その後の世代の消費生活にも大きな影響を及ぼした。

2005年頃から近年各地の地方自治体で、団塊の世代を呼び込もうとする動きが盛んになってきた。島根県において、県知事名で約2万人の出身者を対象に帰郷を呼びかける手紙を送ったことはニュースになった。このほか、北海道においても移住促進活動が盛んに行われている。また、退職給付等による消費や旺盛な消費意欲があることを期待して、金融業や耐久消費財などの業界では『団塊ビジネス』に期待が寄せられていたこともあった。

第二の人生 団塊の世代

第二の人生 団塊の世代

団塊の世代は年功序列、終身雇用が一般的だった時代を過ごし、これらの制度の下では上下関係や組織への忠誠心が重要視され、円滑な技能継承や離職率を低く抑える等、様々な面でうまく機能してきた。しかし、冷戦終結後、グローバリズム競争に突入し、バブル崩壊後の年功序列、終身雇用制度の衰退に伴い、離職率の急上昇を引き起こし、若い世代は組織への忠誠心、年功序列、終身雇用という考えが少なくなり、上下関係の概念も自然と希薄になっている。団塊以前の世代の中には、年功序列、終身雇用制度に守られ、立場を給与に見合った働きをしていない人間が多いとの指摘がある。出世コースから外れ、窓際族同然の立場でありながら、多忙な若手社員を遥かに上回る高級を得ている者も少なくないとされ、事務処理業務で1000万円程の収入がもらえるのは世界中でも過剰に保護された日本のこの世代だけ、との批判が根強い。

団塊の世代の厚生年金の受給が2007年から始まっており、基礎年金の受給も2010年以降始まっている。さらに、2022年頃以降には後期高齢者となり、一定の部分は社会的入院や要介護者となり、年代とともにその比率は高まっていき、負担がさらに増えるだろうと考えられている。また、現在の制度では年金給付水準の引き下げと保険料負担の引き上げが、長期にわたって毎年段階的に行われるため、団塊の世代の退職金・厚生年金はほぼ保証されるのに対して、2031年には厚生年金積立金が枯渇し、破綻するともいわれており、若い世代からその世代間不公平について寄せられる批判も多い。

法務省の発表した犯罪白書の平成20年度版では『高齢犯罪者の実体と処遇』を特集している。この特集は65歳以上及び今後の団塊の世代が高齢期に達することを考慮して犯罪増加に警鐘を鳴らしている。これによると一般刑法犯の高齢者検挙人員の全体に占める高齢者の比率も、昭和63年度の2,5%から13,3%と大幅に増加している。無論高齢者人口の増加もあるが、高齢者人口が2倍に増加したのに対して新受刑者は6倍に増加している。

団塊の世代 性格の特徴

●まだまだ若い●マイペース●勤勉●勤労●地味●積極的●信頼●保守的●豊か●頑固●円熟●活発など

第二の人生 例:60代 団塊の世代

第二の人生 団塊の世代

第二の人生 団塊の世代

上記の説明から、団塊の世代は10代から40年以上も我武者羅に仕事に打ち込んできた世代なのです。家庭の事はすべて妻に任せっきり、自分の為に時間もお金も使わずに、仕事が趣味と人も多かったのです。その人生の友とも呼べる40年以上も続いた仕事が無くってしまい、『さて、これからどうするか?』という時が『第二の人生の始まり』なのです。この世代はお金は持っているので、お金に対する心配はそんなにはありません。家のローンもほとんど終わり、子育ても終わり、貯金もり、退職金もしっかりもらえて、年金ももらえるので、残るは余生の過ごし方なのです。時間の使い方が一番の問題になるのです。団塊の世代も今や、60代後半ですが、まだまだ元気です。ゴルフが趣味な人や釣りが好きな人、土いじりや山登り、散歩や写真撮影、絵画や習い事、日帰り旅行~世界一周まで、自由気ままに余暇を楽しむ人が多くいます。

その中の選択肢の中に、田舎暮らし・地域貢献・地域ボランティア・生涯学習などがあります。今まで、仕事だけで遊ぶことが少なかった人は、遊びや趣味に熱中する人もいることでしょう。しかし、今まで会社や仕事に熱中してきて、社会との関わり合いが少なかったことに対して反省する者もいるのです。そして、下記のような状態の人が多くいるのです。

●会社以外に自分が行く場所がない●家では妻との会話もない●会社の人以外に友達がいない●話す相手がいない。●自分の人生は仕事以外に何もないと気づく●地域との関わり合いがほとんどない●子供は家に帰ってこない●孫の顔も見えない●趣味と呼べるものがほとんどない

そこで、いろいろな選択肢を考えるようになるのです。

●子供の頃の田舎暮らしが懐かしいな。実家の村に戻ろうかな?または、実家でなくても田舎暮らしでもしようかな?

●地域との関わり合いがなかったから、地域ボランティアでも始めようかな?自治体ボランティアに登録してみようかな?

●勉強して大学に行きたいな。友達も欲しいな。大学は無理でも、勉強して仲間が欲しいな。という事で生涯学習に目覚める。

●せっかく40年以上も働いてきた仕事の経験や技術があるのだから、それをどこかで活かせないかな?という事で、更に働き場所を探す。又はそれをボランティアに活かす。

などなどです。これは主に男性の話です。女性は既に、地域コミュニティを持っている奥様が多いので、特に心配はありません。趣味の仲間も多くいますので、散歩や山登りやヨガやスポーツ仲間が沢山いるのです。60代になってから突然、趣味や仲間ややることを探し始めるのは男性が中心です。

第二の人生 例:50代 早期退職

第二の人生 50代 早期退職

第二の人生 50代 早期退職

第二の人生を考える人として、定年退職まで待てない人がいます。50代で早期退職を考える人も多くいます。この年代は子育てがある程度終わっている年齢になっている為、自分や夫婦だけのわがままができるようになっているのです。あと10年も今の会社や仕事で我慢することが出来ないのです。50代にとっては、上の世代は団塊の世代、下の世代は団塊ジュニア、と人口層が厚い層に挟まれており、自分の年代は人口が少ない層なのです。人口が少ない分、ポスト争いも少なく、長くいれば部長になってしまうケースも多いのです。この世代は、20代~30代にかけてバブル景気を味わっています。働きだして、数年で好景気の楽しい時代を知っている世代なのです。また、田舎から都会に引っ越してきたものも多くいます。そのような経験から、『都会暮らしはもういいや』となるのです。ここ数年は、50代の第二の人生として、起業する者も少なくありません。10数年前に比べてネットやケイタイの普及が高くなったことにより、起業のハードルがかなり下がったことを意味します。

この世代は、子供が高校生~大学生の場合が多いので、子供が大学の卒業を目途に第二の人生をスタートさせることを考えたりもします。家のローンがまだ終わっていませんが、とりあえずは夫婦二人が食べていくだけの蓄えもあります。また、今の家を売って、ローンの残債を払っても、キャッシュが500万~1,000万程度出るような世代です。退職金は少ないですが、数百万円の退職金と合わせて、どこか別の暮らし方を考えたりするのです。そこで、第二の人生として、田舎暮らしをスタートする人もいるのです。夫婦どちらかの実家近くに戻る場合もありますし、全く違う場所に行く場合もあります。当然、働かないと生活は持続出来ないので、田舎で仕事を探すことになります。または、仕事がある場所の通勤圏内の田舎暮らしを考えたりもします。

第二の人生 例:30~40代 子育て世代

第二の人生 子育て世代

第二の人生 子育て世代

30代~40代で第二の人生を考える人もいます。この世代は、仕事中心の生活をしている人が多いのですが、同時に子育て中心世代です。子供はまだまだ小さく、手が掛かる時期な上に、これからお金も沢山かかります。中には、親の介護を同時にしている人もいるので、さらに大変なのです。特に男性は、仕事に一番やりがいを感じる年代なので、朝早くから夜遅くまで働く人も少なくありません。休日出勤も時にはあります。課長や部長になっている世代なので、上から厳しく言われたり、下から文句を言われたりと板挟み状態なのです。仕事にやりがいを感じながらもストレスも日々感じています。また、このような生活の為、子供の面倒は妻にすべてお願いしています。自分も子供と遊びたいと思っていても、なかなか実現できそうにありません。そこで、第二の人生を考えるようになるのです。『仕事もしたいが、子育てもしたい、更にストレスのないのびのびとした生活をしたいが、どうすればいいか?』と考えるのです。その世代は可能性が無限なので、いろいろと思案します。

可能性を考える

例①:転職  今よりも、時間的な余裕がある会社・ストレスの少ない会社への転職を考える。

例②:副業  子育てにお金が掛かるから、副業を始めようと考える。お金を増やしてから次の事を考える。

例③:ダブルワーク  妻には悪いが、子供が学校に行っている時間帯は働いてもらう。お金を貯めてから次に事を考える。

例④:投資  株式投資や不動産投資などの投資を考えて、お金を増やす。そうすれば会社を辞めることが出来る。

例⑤:起業  今の仕事のノウハウや人脈を活かしての起業。又は全く違う内容の起業。

例⑥:引っ越し①  実家暮らしを考える。親も高齢者なので、親の面倒を見ながら親と一緒に暮らす。子供の面倒も親に見ても らいえるし、自分たちも家賃や生活費も少なくて済むので、経済的ゆとりが出来る。会社も実家の近くでストレスのない早く帰れる仕事を探す

例⑦:引っ越し②  田舎でのんびり働きながら、子育てをしていきたい。子供ものびのび出来ていいだろうと考える。

上記のように、この世代は可能性が無限に広がっています。やり方によっては、今よりも悪くなる場合もありますが、この世代は非常に計算高いために、失敗の可能性は少ないと言っていいでしょう。

また、これらの世代は東日本大震災をきっかけに、地方に引っ越しした人も多くいました。子供の為に、暮らしやすい安全な町を探して、引っ越しをしたのです。特に旦那よりも奥様の方が中心になって、探しているようです。今では、その熱は下がりましたが、それでもいつ関東大震災があるか分からないと言われている関東では、チャンスを見て引っ越しを考えている人たちがこの世代(子育て世代)なのです。

第二の人生 例:訳アリ 人生いろいろ

第二の人生 人生いろいろ

第二の人生 人生いろいろ

第二の人生を考えるきっかけは、ほとんど同じような理由です。人生に多き何かが起きたからなのです。団塊の世代で言えば、今まで40年以上も働いた仕事が終了することがきっかけです。50代で言えば、20年前後の子育てが終わって、会社でストレスがあるからです。30代~40代の人にとっては、子育てに専念したい、仕事をもっと充実させたいなどの理由があるからです。それでは、訳ありの人たちとはどのような人たちなのでしょうか?

訳あり 人生いろいろパターン

例①:離婚  離婚をきっかけに実家に戻ったり、遠くへ引っ越す人は非常に多いです。特に女性が子供を連れていく場合がそうです。まさに第二の人生です。

例②:死別 両親の死。子供の死。伴侶の死。友達の死。いろいろな死別があります。これをきっかけに第二の人生を歩む人が多いのです。

例③:借金 起業したが失敗した。大きな借金を抱えて破産した。投資に失敗して破産した。などお金にまつわる失敗により第二の人生を歩むことになります。

上記のようなことが原因で、新しい人生を歩むことになりますが、ここから素晴らしい人生を歩む人も多いのです。人は何かをきっかけに第二の人生に突入することになりいますが、第二の人生自体が問題ではなく、どのように送るのかが問題なのです。

第二の人生 例:20代 若者編

第二の人生 20代 若者

第二の人生 20代 若者

20代の若者が、第二の人生を考える人が多くなりました。団塊の世代にとっては、そんなものは第二の人生ではなく、人生そのものなのですが、若者の感覚では第ニの人生なのです。高校生までは、田舎で暮らしていたが、大学から都会暮らしを始めた若者も大勢います。大学卒業後はとりあえず都会に就職しますが、都会暮らしになじめずに、田舎に戻って田舎の企業に就職しようと考えるのです。このようなパターンは、自分の実家や自分の生まれ故郷に帰るために失敗はほとんどありません。失敗とは、都会暮らしと田舎暮らしのギャップやイメージの違いを意味したことです。

例えば、最近では田舎で地域活性化の為に、都会の若者を募集していることが多くあります。また、一度旅行などで訪れたのどかな場所が気に入って、都会暮らしに疲れた若者が何も考えずに、『なんとかなるだろう』と簡単に引っ越して移住するケースがあります。今現在の都会での仕事がきつくて、友達付き合いも上手くいかないなど理由から、都会から逃げるような例もあります。このような若者の場合は、失敗する例が後を絶ちません。

失敗例①田舎暮らしをしたことが無かったために、予想以上に不便だった!(都会暮らしに慣れすぎていた)

失敗例②地域活性化の為に田舎に移住して働いてみたが、実際は雑務係のような仕事でイメージと全く違っていた

失敗例③田舎ではプライバシーが無く、地元の人が何でも自分の行動を知っているのが我慢できない

失敗例④仕事の種類が思った以上になかった

失敗例⑤地元の人(主に高齢者)とのコミュニケーションが取れないため、孤独になり、都会に戻るケース

上記の失敗例を見ると分かりますが、余りにも胆略すぎることが原因の場合が少なくありません。結婚の失敗理由とほぼ一緒ですね。理想と現実とのイメージが違ったのです。まずは、田舎暮らしと言っても、田舎のレベルは千差万別なので、自分が求めている生活を理解することから始めましょう。自分の生活をイメージ出来なかったり、何もあてもなく突発的に引っ越すと失敗する確率は高まります。また、都会暮らしが嫌だからとか、仕事や人間関係に疲れたからという理由だけで、田舎暮らしをスタートさせることは止めましょう。そのような理由ですと、田舎の人たちと上手く付き合ったいくことが困難になります。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

代表書籍『21世紀の思考法』

代表書籍

理想の自治体・田舎を探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

自治体 人口ランキング

自治体 人口ランキング

都道府県 人口ランキング

47都道府県 人口ランキング
世界の人口ランキング

田舎暮らしランキング

田舎暮らし希望地域ランキング

田舎暮らし希望地域ランキング

住みたい田舎ベストランキング

住みたい田舎ベストランキング

住みたい都道府県ランキング

住みたい都道府県ランキング

住みたい都道府県ランキング

住みよさ自治体ランキング

住みよさ自治体ランキング

住みよさ自治体ランキング

理想の自治体・田舎を探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

PAGETOP