田舎暮らし 理想の町 町づくり 地域活性化 第二の人生 地方移住 スローライフ 自立社会の確立 企業の社会的責任 CSR ボランティア募集 地域コミュニティ 地方自治体 まちづくりコンサル

田舎暮らし Iターン・Uターン・Jターン

  • HOME »
  • 田舎暮らし Iターン・Uターン・Jターン

田舎暮らし Iターン・Uターン・Jターン

Uターン・Iターン・Jターン

Uターン・Iターン・Jターン

自分の故郷に戻るUターン、郷里までは戻らずにその近隣の地域に移るJターン、出身地にこだわらず住みたい地域を選択するIターンなどライフスタイルの多様化とともに住みやすさを重視した地域選びをする移住希望者が増えてきています。こうした要望に呼応するように、10年以上前から移住者を積極的に受け入れようとする動きが自治体に出てきています。

例えば、『UJIターン奨励金(定住奨励金・就職支度金など)』や『新規就農関連(農業・林業・水産業への新規就業や企業など)の支援制度』など自治体でも積極的に行うようになってきています。

U・J・Iターン成功率が高いのは?

Uターン イメージ画像

Uターン イメージ画像

それでは、どのパターンが一番成功率が高くて、失敗率が高いのでしょうか?想像は着くかと思いますが、Uターンは元自分の地元なので、勝手が分かっています。田舎暮らしの田舎度合いも分かっています。地域のコミュニティも分かっています。ですので、失敗談によくあるような理想と現実のギャップでの失敗はありません。しかし、いくらU-タンと言っても20年以上たつと田舎でも変化します。都会暮らしに慣れてしまっていると、昔住んでいても初めは苦しく感じると思います。しかし、それでも初めての場所よりはずっと成功する確率は高いです。土地勘もありますし、友人も家族もいます。Uターン・Jターン・Iターンの中でも最も成功する確率が高いのが、このUターンです。

Jターン イメージ画像

Jターン イメージ画像

Jターンは地元の近くに戻ることを言いまが、なぜ地元のUターンではなく、Jターンにするのでしょうか?それは、若い時に田舎暮らしでは仕事や大学がない為に都会に出ることになり、実際に暮らして都会の便利さや良さを知っているからです。田舎の親元の近くに住んでやりたい気持ちはあるのですが、そこまで戻ると仕事もあまりなく、生活も不便になってしまうために、その中間の地方都市や地元の都会エリアに住むのです。それがJターンです。Jターンの良さは、田舎の実家にも住まいが近くなることで、定期的に実家に帰ることができるのと、何か親にあった場合にすぐに行くことが出来るという安心感があります。更に、田舎よりも都会に住んでいるために生活も便利なうえに、仕事もある程度あるので、バランスがいいのです。また、夫婦の場合はどちらかの実家に行くことに抵抗がある伴侶も少なくありません。都会暮らしから急に田舎暮らしに我慢できない妻もいます。その点Jターンなら、それらのすべてをカバーしているので、非常に優れた選択なのです。Jターンは田舎暮らしと都会暮らしの両方を経験したことがある人が、その中間点の選択をすることなので、問題なく成功するパターンです。

一番難しいのはIターン!?

Iターンを考える人

Iターンを考える人

そこで一番難しいのはIターンと言うことになります。住みたい地域を自由に選ぶことが出来る分、何も知らない場所に行くことが多いので、理想と現実のギャップに悩む人が多いのです。特に都会に住んでいてIターンをする人の多くは、いきなり極端なことをしようとします。極端なことと言うのは、いきなり山奥の田舎暮らしや限界集落や孤島に行きたがったりするのです。若い人はサバイバル感覚の人もいるぐらいです。そのような人は、大抵は数か月ももたないで都会に戻ってきます。当然上手くいくはずはありません。若い人とは反対に年配になればなるほど、物事が慎重になってきますので、事前に調べたり現地に行ったりしますので、若い人よりは成功する確率が高くなります。しかし、それでもみんなが成功するとは限りません。なぜなら自治体の数は日本で今現在1718もあるからです。その中で自分にぴったりの自治体を探すことは大変なことです。

自治体の甘い言葉には注意が必要!?

自治体の甘い言葉

自治体の甘い言葉

近年では自治体が地元に人を呼びたいために、あらゆる施策をしています。移住者を手厚い対応で迎えてくれる自治体も増えてきました。就職支援は当たり前で、中には、定住者には家と土地をプレゼントしたり、引っ越し資金として100万円をプレゼントしたりする自治体もあります。しかし、このような自治体には注意が必要です。いくら人を自分の自治体に住んでもらいたいからと言っても、補助金を出したり、土地をプレゼントしてりするのはどうかと思います。これらの土地やお金はもともと国民のものです。大勢の国民に還元されるために使われるべき税金や土地利用を一人の移住者にプレゼントするような自治体は信用できません。また、土地やお金をプレゼントしないと来てくれないような自治体は考えものです。住みやすい地域であれば、そのような大盤振る舞いをする必要はないはずです。お金や物で人を釣るような自治体は避けた方がいいでしょう。また、自治体選びの際に、補助金やメリットを重視して自治体を選ぶこともお勧めできません。自分の目的にあった場所が、たまたま移住者に優遇措置があるような場合はいいですが、優遇措置を中心に自治体を選択すると誤った選択をする可能性が高くなります。プレゼントや優遇措置はあくまで、補助的なものであり、主体として考えるものではないことを肝に銘じておきましょう。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

代表書籍『21世紀の思考法』

代表書籍

理想の自治体・田舎を探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

自治体 人口ランキング

自治体 人口ランキング

都道府県 人口ランキング

47都道府県 人口ランキング
世界の人口ランキング

田舎暮らしランキング

田舎暮らし希望地域ランキング

田舎暮らし希望地域ランキング

住みたい田舎ベストランキング

住みたい田舎ベストランキング

住みたい都道府県ランキング

住みたい都道府県ランキング

住みたい都道府県ランキング

住みよさ自治体ランキング

住みよさ自治体ランキング

住みよさ自治体ランキング

理想の自治体・田舎を探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

PAGETOP