田舎暮らし 理想の町 町づくり 地域活性化 第二の人生 地方移住 スローライフ 自立社会の確立 企業の社会的責任 CSR ボランティア募集 地域コミュニティ 地方自治体 まちづくりコンサル

田舎暮らし 週末 

  • HOME »
  • 田舎暮らし 週末 

週末田舎暮らし

週末 田舎暮らし①

週末 田舎暮らし①

10年ぐらい前から週末田舎暮らしという言葉を聞くようになりました。その頃は、団塊の世代が定年を迎える前後の時でした。団塊の世代が、田舎暮らしに憧れて、準備段階として週末だけ田舎暮らしを実践しようと言う人が増えてきたからだと思います。最近では、週末田舎暮らしという言葉は、かなり一般化してきていますので、定年前後の年齢に限らず、若い人たちも週末田舎暮らしを実践しているようです。

週末田舎暮らしとは?

週末 田舎暮らし②

週末 田舎暮らし②

週末田舎暮らしとは、都会に本拠地があり(住民票がある家)、平日は仕事も都会でしている人が、週末だけ田舎で暮らす人をいいます。週末だけと言っても、金曜日の夜に田舎に行って、月曜日の朝、都会に買えると言う人います。また、土曜日のお昼頃から行って、日曜日の夕方には帰ってくるような人もいます。週末田舎暮らしと言っても、ゴールデンウィークや夏休み、シルバーウェークや年末年始のような連休の時にも、田舎暮らしをする人が多いのです。つまりは、週末だけではなく、連休があれば田舎暮らしをしたいとうことなのです。

また、田舎暮らしと行っても、『田舎暮らし』の概念は人それぞれです。今住んでいる都会から車で1時間程度で行ける『田舎暮らし』もありますし、車で3時間以上かけて行く『田舎暮らし』もあります。遠くの田舎に行けば行くほど、山奥になり、物件自体も安く手に入りますが、そこまでの『田舎暮らし』を望んでいない人もいます。

なぜ?週末田舎暮らしなのか?

それでは、なぜ週末田舎暮らしなのでしょうか?

田舎暮らしが本当に好きであるなら、田舎に本拠地を移した方がいいではないか?と言う人がいると思います。都会と行ったり来たりで、時間とお金は掛かるし、住居も2つ持つことによりコストも掛かるし、大変なことの方が多いように思う人もいます。確かに、毎週毎週、都会と田舎を行ったり来たりするのは、時間もお金も掛かりますし、住居を2つ維持管理するには大変なようです。しかし、週末田舎暮らしするにはそれなりの理由があるのです。

理由①都会暮らしも続けたい(都会暮らしにも魅力を感じている)

週末 田舎暮らし

週末 田舎暮らし

田舎暮らしに本拠地を移さない理由として、一番大きなものは、今の都会暮らしも続けたいからなのです。今の生活にも魅力を感じているのです。仕事が好きかどうかは別にして、今の都会暮らしに慣れてしまっているので、完全に離れることが出来ないのです。また、生活費の問題を考えると、今の仕事を続けざるを得ない人が多くいます。今の仕事を辞めて、田舎暮らし一本で生活出来る自信がまだないのです。

仕事だけが理由ではありません。実家の両親が近くに住んでいるから、完全に田舎に移住するわけにはいかない人もいます。また、子供の学校の問題や、習い事の問題、人間づきあいの問題など多くの問題があります。都会で長く暮らしていると、そこで築いたものがありますので、一気に田舎暮らしを実行できるわけではないのです。定年後に田舎暮らしを実行する人が多いのは、そのようなしがらみが無くなってくるので、一気に実行できるのです。

理由②田舎暮らしに不安もある

これはどういうことかと言いますと、田舎暮らしに憧れて、週末田舎暮らしを始めるのですが、実はまだ不安があるという事です。不安要素も沢山あります。先ほど説明しましたが、都会の会社を辞めて、田舎での仕事で生活が出来るかどうかの不安。今まで慣れ親しんできた都会から、一気に田舎暮らしになることへの不安。病気になった場合に、病院が近くに無い事への不安。生活が不便だと分かりつつも、不便の生活が老後も一生続くことへの不安。車がないと生活が出来ないので、車への運転への不安。家族に虫や蛇が嫌いな人間がいるので、田舎暮らしを続けていけるかどうかの不安。住んだ先の田舎暮らしで、地域の人と上手くやっていけるかどうかの不安。など、不安は人それぞれですが、沢山の不安要素があるのです。

その不安が、週末田舎暮らしなら、問題がなくなるのです。問題は起これば、都会に戻ればいいからです。

理由③田舎暮らしの練習

週末 田舎暮らし③

週末 田舎暮らし③

週末田舎暮らしをすることによって、田舎暮らしの練習になると考えている人もいます。一気に田舎暮らしを始めるよりも、まずは、週末だけ始めてみようと考えるのです。今はまだ、仕事を辞められないし、いろいろな事情もある。しかし、田舎暮らしは始めたい。そこで、まずは週末田舎暮らしを始めてみるか、となるのです。また、一気に田舎暮らしとなると、家族からの抵抗も大きいですが、週末だけなら毎週旅行に行っていると考えれば抵抗も少ないからです。

自分を田舎暮らしにならす意味と家族を田舎暮らしに慣らす意味があるのです。数年実践して、どうしても無理ならあきらめればいいですし、自分も楽しめて家族も納得してくれれば、本格的に考えればいいのです。

理由④都会も田舎も両方楽しみたい

これはある意味贅沢に思われるかもしれませんが、両方のいいどこどりがしたくて、週末田舎暮らしをする人もいます。都会には都会のよさがあり、田舎には田舎のよさがあると分かっている人たちです。もちろん、1か所に定住するよりはコストがかかりますが、それ以上の人生の喜びがありメリットがあると考えて実践するのです。

両方住めば、両方のメリットデメリットをより理解できるようになります。都会の問題点や田舎の問題点も気づくようになります。中には、都会の知恵を田舎に持ち込み、地域活性化に協力する人もいます。

都会と田舎の両方に住むことは、自分の人生にとっても世の中にとっても、素晴らしいことなのです。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

代表書籍『21世紀の思考法』

代表書籍

理想の自治体・田舎を探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

自治体 人口ランキング

自治体 人口ランキング

都道府県 人口ランキング

47都道府県 人口ランキング
世界の人口ランキング

田舎暮らしランキング

田舎暮らし希望地域ランキング

田舎暮らし希望地域ランキング

住みたい田舎ベストランキング

住みたい田舎ベストランキング

住みたい都道府県ランキング

住みたい都道府県ランキング

住みたい都道府県ランキング

住みよさ自治体ランキング

住みよさ自治体ランキング

住みよさ自治体ランキング

理想の自治体・田舎を探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

PAGETOP