田舎暮らし 理想の町 町づくり 地域活性化 第二の人生 地方移住 スローライフ 自立社会の確立 企業の社会的責任 CSR ボランティア募集 地域コミュニティ 地方自治体 まちづくりコンサル

田舎暮らし 自治体

  • HOME »
  • 田舎暮らし 自治体

田舎暮らし 自治体

田舎暮らし 自治体を探す

田舎暮らし 自治体を探す

田舎暮らしを始めたい人が年々増えているのですが、実際どの自治体に住んだらいいのか分からない人が多いのです。いくらネットで情報が取れる時代になったといっても、田舎暮らしを始めるための情報は意外にも少ないとびっくりされることでしょう。さほど考えずに自治体を決めてしまう人は、失敗する確率も高いのです。それではどのようにして、田舎暮らしの自治体選びをすればいいのでしょか?

田舎暮らし 自治体 探す方法

田舎暮らしを始めるにあたって、まずは自分が住むための自治体を探さなければなりませんが、探す方法は沢山あります。自治体探しに失敗しないために、出来る限りの情報を集めてみましょう。

①まずは知っている自治体から探す 選ぶ

田舎暮らし 自治体探す方法

田舎暮らし 自治体探す方法

知っている自治体という意味は、実家がある自治体で子供の頃住んでいた自治体。または、高校生や大学生の頃など通学に行ったり、寮に住んでいたして良く知っている自治体。社会人になって、以前何年間が住んでいたことがある自治体。友達や彼女や奥さんなどが住んでいた自治体で、何度も行ったことがある自治体。などなど。自分が良く知っている自治体の田舎暮らしからスタートしてみては如何でしょうか?実際、全く知らない自治体に引っ越すよりは、行ったことがあり知っている自治体の方が、田舎暮らしを成功させる確率は遥かに高くなります。

Iターン・Uターン・Jターンなど最近よく聞くことが多いかと思います。Iターンは初めての自治体に住むことを言います。Uターンは実家の自治体に戻ることを言います。Jターンは実家近くの中規模の都市に戻ることを言います。成功確率が高いのはUターンとJターンです。全く知らない自治体に行くIターンは失敗する確率も高くなるのです。

②評判のいい自治体から探す 選ぶ

田舎暮らし 自治体探し 評判のいい自治体

田舎暮らし 自治体探し 評判のいい自治体

評判のいい自治体というのは、まずは身近な人から聞いてください。例えば、兄弟や親族や友人が住んでいる自治体です。田舎暮らしというと多くの人が、山奥や田園風景のど田舎をイメージしてしまいます。しかし、田舎暮らしの初心者が初めから、ハードなど田舎の生活をスタートすると痛い目をみます。まずは、ちょっとした田舎暮らしから始めるのも方法です。そこで、兄弟や友人などちょっとした田舎暮らしをしている人がいたら、聞いてみるといいと思います。快適な田舎暮らしが出来ているのか?不便かどうか?仕事はあるのか?地域コミュニティはどうか?閉鎖的な町ではないか?病院はあるのか?などなどです。知り合いが、快適な自治体だと言えば、まずは安心できます。その自治体に住まないまでも、その自治体の周辺に住むのも手です。友人や知り合いも自分が住む自治体の周辺事情まで知っているかもしれません。是非、細かく調査してみてください。

また、知り合いだけでは情報が偏ったり、少なかったりしますので、そこでネット登場です。住みたい自治体ランキングや住みやすい田舎暮らしのランキングなどで評判のいい自治体を探してみてもいいかと思います。ただ注意してもらいたいのは、ランキングなどは情報操作をされている場合もないともいえません。アンケート数やアンケート地域やアンケートの取り方によってもだいぶ変化します。ランキングの情報を鵜呑みにせずに、一つの判断材料ぐらいにしておきましょう。

③『田舎暮らしが最適な自治体』をネットでみんなに聞いてみる!

田舎暮らし 最適な自治体探し ネット調査

田舎暮らし 最適な自治体探し ネット調査

自分で自治体を探すのが難しい人は、全国のみんなに意見を求めるのも方法です。例えば、Yahoo!知恵袋や、教えて!gooなどの質問サイトに投稿してみる方法があります。例えば、投稿文に『田舎暮らしを始めてみようと思っています。今は東京に住んでいます。初めての田舎暮らしで不安もありますが、田舎暮らしに憧れています。しかし、仕事もある程度ある田舎がいいと思っています。因みに家族は夫婦二人と小学校の子ども一人の3人家族です。どなたかいい自治体を知っている方いませんか?』と投稿します。そうすると、全国の人から、それなら○○の自治体がいいよ!○○県の〇○町が理想だよ!などと親切に教えてくれます。無責任に自分がただ住みたい自治体を言う人もいますが、多くは親切に答えてくれます。以前自分が住んでいる自治体や、今現在住んでいる自治体、または本人も最近都会から田舎暮らしを始めた自治体などタイムリーで真実味がある情報が満載です。大いに参考になりますので、ぜひ活用してみて下さい。

④本や雑誌で情報を集める

最近は田舎暮らしや地方移住などの本や雑誌が多く出ています。それらの本を片っ端から読んで情報を集める方法もあります。ネットで集めるのもいいのですが、本や雑誌となると一度出版してしまうと訂正が利かない媒体の為、確実な情報が載っている場合が多いのです。地方移住者に歓迎な自治体特集なども良くやっていますので、そのような自治体から選ぶ方法も手かと思います。

⑤県を決めてから自治体公式サイトを調べる

田舎暮らし ウェルカムな自治体を選ぶ

田舎暮らし ウェルカムな自治体を選ぶ

実際の自治体を決める前に、まずは住みたい都道府県を決める方法もあります。まずは、大枠から決めてしまうのです。やはり、自分が考えている暮らしがある程度あるかと思いますので、その理想の暮らしが実現できるような都道府県を選んでからの方が自治体選びも簡単になります。47の都道府県が決まった後は、その県内にある何十かある市町村から比較してみるのも手です。

比較方法としては、各自治体が作っている公式サイトを見てみる法方法があります。自治体の基本情報はそこで知ることができます。また、各自治体が発行している広報の媒体があります。多くが月刊紙として発行しているので、各自治体の月刊紙を郵送してもらうの手かと思います。その際に『移住を検討している者ですが、是非○○町が発行している広報紙を送っていただきたい』と言えば、まずは送ってもらえるでしょう。広報紙も送ってくれないような自治体は止めた方がいいかもしれません。または、電話する先を間違えると良い対応はしてくれないかもしれません。しっかり、移住対応の部署または地域活性化関係の部署を探し出し、その部署につないでもらってから、広報紙やPR紙を依頼すれば断れることはありません。それでも断られるような自治体でしたら、外部からの受け入れに積極的はないので、断念しましょう。そのような自治体に住んでも上手くいくとは思えません。

⑥ネットで調べてメルマガ情報を得る

田舎暮らし メルマガ登録で自治体を選ぶ

田舎暮らし メルマガ登録で自治体を選ぶ

上記の5つをやってみても、まだ情報がなりたい人は、ネットで調べてください。ネットで調べてみて、3ページ以内のページがいいでしょう。それ以外のページにアクセスしてみてもいい情報が載っていることはまずありません。最近の検索機能は優れていますので、いい情報や最適な情報がトップページに来るようになっています。昔は、テクニックさえあれば悪いサイトでもトップページに検索される時代がありましたが、今は違います。あなたが検索したいページが見事にトップページになるようになっています。もしイメージと違うページが来ないのであれば、検索キーワードが間違っているか、その分野はまだ未開拓であり情報自体がまた少ない分野だという事です。

このサイト『田舎暮らし 理想の町どっとこむ』も田舎暮らしの自治体や理想の自治体を探すためのサイトです。ただ読んでみるだけでもある程度の情報は取得できますが、本格的に自治体を探したいのであれば、メルマガ登録をお勧めします。あなたの希望の条件や知りたい情報などを記入して頂ければ、あなたにピッタリな情報が届くようになります。

また、このサイトだけに限らず、他のサイトでもメルマガ登録などがありますので、そこで情報を取得する方法もあります。ただ、思っているほどこのようなサイトはありません。いろいろ探して見て比較検討されるといいかと思います。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

代表書籍『21世紀の思考法』

代表書籍

理想の自治体・田舎を探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

自治体 人口ランキング

自治体 人口ランキング

都道府県 人口ランキング

47都道府県 人口ランキング
世界の人口ランキング

田舎暮らしランキング

田舎暮らし希望地域ランキング

田舎暮らし希望地域ランキング

住みたい田舎ベストランキング

住みたい田舎ベストランキング

住みたい都道府県ランキング

住みたい都道府県ランキング

住みたい都道府県ランキング

住みよさ自治体ランキング

住みよさ自治体ランキング

住みよさ自治体ランキング

理想の自治体・田舎を探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

PAGETOP