田舎暮らし 理想の町 町づくり 地域活性化 第二の人生 地方移住 スローライフ 自立社会の確立 企業の社会的責任 CSR ボランティア募集 地域コミュニティ 地方自治体 まちづくりコンサル

田舎暮らし 大学

  • HOME »
  • 田舎暮らし 大学

田舎暮らし 大学・大学生

田舎暮らしに憧れいる若者が、最近多くなってきてるのをご存知でしょうか?都会暮らしの子供達の多くが、小学校から受験勉強や塾通いに明け暮れて、18歳の頃にはストレスがかなり溜まっているのです。昔の学生とは全く環境が違います。10代でも癒されたい時代になったのです。そんな学生が、田舎暮らしに憧れるのは自然な流れではないでしょうか?

田舎の大学に行きたい!

地方の大学(例:北海道大学)

地方の大学(例:北海道大学)

田舎の若者が、都会の大学に行きたいと思うのと同じで、都会の高校生が、田舎の大学に行きたいと考えるのも不思議ではありません。地方でも都会に負けない、素晴らしい大学や学部が存在します。しかし、その多くは両親に反対され、近場の都会の大学に変更せざるを得ないのですが、中には強い意志で田舎の大学を目指す若者もいます。最近は、少子化の為、学生を呼び込むのに特殊な学部を作ってアピールする地方の大学も多くなりました。地方でも魅力あるカリキュラムの授業があれば、都会から生徒を呼び込むことが出来るのです。

田舎の大学や専門学校で再挑戦!

田舎の大学 再挑戦

田舎の大学 再挑戦

田舎の大学で再挑戦を考える人がいます。最近は、社会問題にもなりつつありますが、若者の学校中退やニートや引きこもりが年々増えていると言います。理由は様々なようですが、ほとんどの場合が親子の関係にあるようです。人とコミュニケーションを取るのが出来なかったり、対人恐怖症だったり、やる気がでないので、何もしなかったりするのです。また、ニートや引きこもりではなくとも、社会に出て上手くいなかった人や、学校を中退した人などが、大学や専門学校などに行って人生を再挑戦したいと考える人がいます。

パターン① 高卒で仕事を始めたが、すぐに辞めてしまい、どこも採用されなくなった。学校で学びたいが、都会の学校はしんどい。なので、地方の大学や専門学校に行きたい。

パターン② 都内の大学の学生と馬が合わないので、中退。もう一度、大学をやり直したいが、都会の大学は嫌だ。田舎の大学に行って、大学を卒業したい。

パターン③ 専門学校や短大を卒業して、就職したが、大卒と比べて待遇が良くなかったり、劣等感を感じたりして、長続きしない。地方でのんびり、学校を通いながらやり直したい。

パターン④ 人とのコミュニケーションが苦手なので、のんびりした地方の学校に行って、コミュニケーションが取れるようになってから、都会に戻って就職したい。

 

など、田舎の学校や大学に生きたい人の理由は様々です。田舎の学校と行っても、山奥の田舎暮らしとは違い、大学のある所はそれなりに学生が多い為、生活環境は整っています。また、同じ学生同士の情報交換が出来ますし、ネット環境さえあれば、多くの情報が手に入ります。携帯電話があれば、都会の家族との連絡もすぐに取れるので、昔と違ってハードルも低いようです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

代表書籍『21世紀の思考法』

代表書籍

理想の自治体・田舎を探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

自治体 人口ランキング

自治体 人口ランキング

都道府県 人口ランキング

47都道府県 人口ランキング
世界の人口ランキング

田舎暮らしランキング

田舎暮らし希望地域ランキング

田舎暮らし希望地域ランキング

住みたい田舎ベストランキング

住みたい田舎ベストランキング

住みたい都道府県ランキング

住みたい都道府県ランキング

住みたい都道府県ランキング

住みよさ自治体ランキング

住みよさ自治体ランキング

住みよさ自治体ランキング

理想の自治体・田舎を探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

PAGETOP