田舎暮らし 理想の町 町づくり 地域活性化 第二の人生 地方移住 スローライフ 自立社会の確立 企業の社会的責任 CSR ボランティア募集 地域コミュニティ 地方自治体 まちづくりコンサル

田舎暮らし 地方移住

  • HOME »
  • 田舎暮らし 地方移住

地方移住する前に必ず読んでください!

地方移住①

地方移住①

ここ数年の間に、田舎暮らしに憧れて、地方移住する人が多くなってきました。2007年から団塊世代が定年を迎えるころから、一気に地方移住が流行るようになったのです。初めは60代の退職組がほとんどでしたが、ここ最近は20代でも地方移住をする人が大分増えてきました。しかし、気を付けてもらいたいのが、安易に『地方移住=楽しいスローライフの田舎暮らし』と思わないことです。ネットで検索してもらえれば分かりますが、田舎暮らしを求めて地方移住する人で失敗しているケースが多く見られます。失敗した理由は非常に簡単な原因なのですが、本人からすれば、取り返しのつかない痛手となるのです。皆様も地方移住して失敗する前に、このサイトを良くチェックして楽しい田舎暮らしを成功させてください。

重要なポイントその①:地方移住するきっかけは何か?

皆様には地方移住するきっかけがあるかと思います。それは何でしょうか?非常に大切なポイントです。地方移住して失敗する原因のほとんどが、ここに集約されてくると言っても過言ではありません。試しにネットで調べてみて下さい。地方移住に失敗するケースはほとんど同じ原因です。例を挙げますと、下記のような感じです。

失敗例①:都会暮らしが嫌で逃げてきた

都会暮らしに疲れて、兎に角今の場所からどこか行きたかった。そのよう中で、テレビや雑誌やネットなどで、田舎暮らしや地域活性化のボランティアの活動を見て、楽しそうだと思った。自分も今の暮らしを捨てて、楽しく地方で暮らしたい!という事で、後先考えずに、地方移住したパターン。

失敗例②:一目ぼれ

旅行した際に出会った『田舎の風景』に一目ぼれ。『ここで暮らしたい!』と感激して、すぐに引っ越しの手続き。実際に暮らしてみると、自分が描いていた田舎暮らしとは全く違っていた。

地方移住②

地方移住②

どうでしょうか?失敗して当たり前だと思いませんでしょうか?都会暮らしが嫌で逃げてきたような人は、どこに行っても今くいきません。一目ぼれで、何も調査もせずに田舎暮らしを始めれば失敗するに決まっています。当然結果なのですが、本人は原因が自分にあると思っていません。悪いのは引っ越し先の『田舎や地方』だと考えるのです。つまり、責任を自分以外に持って行く無責任な人間なので、失敗するのですね。

重要なポイントその②:地方移住する目的は何か?

地方移住③

地方移住③

これも非常に大切なポイントです。失敗する人のほとんどが、地方移住する目的を決めていないことにあります。若い人の中には『え?地方移住するのに何で目的なんか必要なの?行きたい場所に行って住めばいいだけじゃないの?』と安易に考えていたりします。完璧に失敗するパターンですね。

例えば、2011年3月11日に起きた東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)以降、地方移住者が圧倒的に増えました。震災にあった人々以外にも、災害や地震の怖さを知って、真剣に『生き方』を考えるようになったからです。関東には第二次関東大震災がいつ起こるか分からないというニュースがあり、関東の人も『関東脱出作戦』を考えて地方移住計画を練ったのです。この場合、目的はハッキリとしています。地震や津波が来ない安全な地方はどこか?という観点で地方移住を選定するのです。また、福島の原発問題があったので、原子炉のある県には引っ越ししたくないと考える人も多くいました。そこで、ある程度地方の特定ができるのです。原子炉の無い県で、海のそばではなく、過去に大きな地震が起きていない場所となるのです。

しかし、実はこれだけでは完全には絞り込めません。むしろ消去法で地方を選別しているにすぎません。一見、この方法は目的が『身の安全の為』という理由でハッキリしているかと思われますが、失敗する可能性が高いのです。危険から逃げて安全な場所に行くという選定方法は、都会暮らしが嫌で田舎暮らしを求める若者とさほど変わりはありません。地方移住への選別方法は消去法ではなく、あなたの『生き方や価値観と合致した場所』でなくては上手くいくことはないのです。

重要なポイントその③:地方移住する情報は足りているか?

地方移住④

地方移住④

地方移住して失敗している理由の多くは情報不足や調査不足になります。住んでみたら、イメージと違っていた。思っていた以上に不便だった。田舎でも仕事ぐらいあるかと思っていたら、全く仕事がなかった。地域のしきたりが沢山あってびっくりした。地域の会合や集会やら思っていた以上に忙しくて自分の時間がのんびり取れない。プライバシーが全くない地域だった。などで、当初は予想もしていなかったようなことが起こり、断念するというケースが多いのです。

今の時代調べれば、ほとんどの情報入ります。自分が行きたい場所や住みたい地域があったら、まずは調べてみて下さい。しかし、意外かと思いますが、田舎の情報は思っている以上に少ないです。地方の情報は予想以上に少ないです。21世紀に入ってネット社外が到来し、我々が情報社会の中で生きているのであまり意識をしませんが、情報は都会やお金の流れる場所に偏って存在しています。地方や田舎などのお金の流れないエリアには、情報もあまり存在しません。儲けのならない情報を提供する人が少ないからなのです。まずは、自分で調べてるだけ調べて、実際は現地に足を運んだ方がよろしいでしょう。また、このサイト『田舎暮らし・理想の町どっとこむ』に登録すれば、更に自分の生きたい場所がハッキリ見つかります。良かったら、無料登録してみて下さい。

以上3点が、地方移住する前に知っておくべきことです。

もう一度まとめます。

地方移住に失敗する前にする非常に大切な3つのポイント

①地方移住するきっかけは何か?(現実逃避や一目ぼれはNG)

②地方移住する目的は何か?(自分の人生の目的や価値観を理解する)

③地方移住する前に調査や情報は十分か?(こんなはずじゃなかったとなる前に事前に調べる)

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

代表書籍『21世紀の思考法』

代表書籍

理想の自治体・田舎を探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

自治体 人口ランキング

自治体 人口ランキング

都道府県 人口ランキング

47都道府県 人口ランキング
世界の人口ランキング

田舎暮らしランキング

田舎暮らし希望地域ランキング

田舎暮らし希望地域ランキング

住みたい田舎ベストランキング

住みたい田舎ベストランキング

住みたい都道府県ランキング

住みたい都道府県ランキング

住みたい都道府県ランキング

住みよさ自治体ランキング

住みよさ自治体ランキング

住みよさ自治体ランキング

理想の自治体・田舎を探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

PAGETOP