田舎暮らし 理想の町 町づくり 地域活性化 第二の人生 地方移住 スローライフ 自立社会の確立 企業の社会的責任 CSR ボランティア募集 地域コミュニティ 地方自治体 まちづくりコンサル

田舎暮らし 仕事②

  • HOME »
  • 田舎暮らし 仕事②

田舎暮らしで成功する人の働き方 仕事

田舎で仕事 自給自足 

田舎で仕事 自給自足

『田舎暮らし 仕事①』では、田舎暮らしで失敗する理由を書きましたが、『田舎暮らし 仕事②』では成功する方法を書きたいと思います。まずは、2007年に団塊の世代が定年を迎えてから、60代の方が田舎暮らしを始める人が多くなりました。彼らは、退職金はありますし、今までの蓄えもあります。家のローンも終わろうとしています。年金も数年後にはもらえる予定です。ですので、金銭的には困っていません。仕事にも困っていません。つまり、団塊の世代の人たちは、田舎暮らしで働く必要はないのです。彼らにとっての仕事とは、金銭を得るためではなく、生活していくための自給自足のことを指しています。または、近所の農家の手伝い程度を指しています。それでは、定年組ではない人が田舎暮らしを始めるために仕事について話したいと思います。

田舎暮らしで成功する働き方 その① 地元にあるもの

田舎での仕事 農業

田舎での仕事 農業

田舎暮らしで成功する働き方として、一番いい方法は地元にある仕事から選ぶことです。そのほとんどが農業・漁業・林業・土木作業になります。これらの仕事はどこの地方に行っても大抵はあります。当たり前の話ですが、都心で農業が出来ないように、田舎でオフィスワークは出来ません。場所自体が存在していないからです。場所がなければ仕事もありません。適材適所があるわけです。田舎暮らしを楽しむために一番いい方法は、田舎に存在するものの中で仕事を選ぶことです。ただ、農業や林業などは体力仕事の為、若者でなければきついです。実際、若者でもきついものです。そう考えると、好きでもないのに続けることは出来ません。いくら、地元になじもうと思ったとしても、自分が楽しめない上に、きつい仕事は長続きしないのです。結論を言いますと、農業や林業や漁業など好きなら一番ベストな選択だと思いますが、好きでないならやるべきでないという事です。

しかし、地元にあるもので、自分が好きな仕事が存在する場合もあります。例えば、観光業です。旅館やホテルのスタッフ、お土産屋の販売員やテーマパークの受付や観光客の案内係などです。田舎暮らしが観光地であるなら、このような観光関係の仕事もあるので検討するといいと思います。他にもその土地ならではの仕事も存在するので、調べてみるといいでしょう。

田舎暮らしで成功する働き方 その② 仕事を持ち込む

田舎で仕事 仕事を持ち込む

田舎で仕事 仕事を持ち込む

都会から田舎暮らしで成功させている人の中には、仕事を持ち込む人も結構います。どういう事かと言いますと、例えば、デザイナーや建築士などです。デザイン関係の仕事をしていて、お客も既に持っている人が、田舎暮らしをするのです。デザインの仕事は、土地を選ばずどこでも出来るので、デザインは田舎暮らしでやり、お客との打合せの時だけ都会に出るというやり方です。また、田舎でもネットさえ繋がっていれば、メールやスカイプなどで打合せも出来ます。当然、電話でも対応できます。

また、ネットビジネスをやる人も当然います。ネットさえ繋がる場所であれば、どこでも仕事が出来るよう人が増えています。ネット通販事業やアフィリエイトビジネスや情報商材販売業者などはその代表だと言えます。

田舎暮らしで成功する働き方 その③ 地元で町おこし

最近は、地域活性化の為のスタッフを雇ってくれる自治体もあります。雇用形態もいろいろあるようです。また、NPO団体などが地域活性化する為に、現地にスタッフを送って、働いてもらう方法をとっている会社も多くなっています。数年単位で現地に住みながら、村おこしや町おこしを手伝うのです。実際に3年も地域の為に頑張ると、契約期間が過ぎてもそこに残りたいと思う人も多いのです。自分が住んだ場所に愛着が持てるような働き方をすれば、そこでの暮らしも上手くやっていけることでしょう。

田舎暮らしで成功する働き方 その④ 地元にあるものを活用する

田舎での仕事 地元の資源活用  例 手作り家具

田舎での仕事 地元の資源活用 例 手作り家具

上級者向けかもしれませんが、地もとにあるものを活用する人も多くいます。例えば、林業が盛んな田舎であれば、木を使って家具を作りネットで販売するなどの事業を自分でやるような人です。田舎にあるものは、限られていますが、アイデアはその人次第なので無限にあります。地元の葉っぱを売って地域活性化に成功した山村も有名になりましたが、個人で出来ることも沢山あります。地元の魚や肉や果物や野菜をネット販売することも出来ます。また、古民家や空き家を利用して宿泊施設を作る人もいます。農業体験や田舎体験ツアーを企画する人もいます。イベント会社を作って、地域活性化の為のイベントを開催する人もいます。都会のビジネスで成功したノウハウを田舎に応用することだってできます。アイデア次第でいくらでも仕事は自分で作れるのです。

田舎暮らしで成功する働き方 その⑤ 他いろいろ

田舎暮らしで成功する働き方は、今やいろいろあります。例えば、不動産投資をしている人がいます。サラリーマン時代に不動産投資を初めて、ある程度の不労所得を得てからサラリーマンを引退して、田舎暮らしをする人がいるのです。不動産投資を知らない人は、お金持ちのやることだと思いがちですが、今では誰でも簡単に出来るものです。その他にも、お金を得るシステムを作ってから、田舎暮らしを始める人は沢山います。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

代表書籍『21世紀の思考法』

代表書籍

理想の自治体・田舎を探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

自治体 人口ランキング

自治体 人口ランキング

都道府県 人口ランキング

47都道府県 人口ランキング
世界の人口ランキング

田舎暮らしランキング

田舎暮らし希望地域ランキング

田舎暮らし希望地域ランキング

住みたい田舎ベストランキング

住みたい田舎ベストランキング

住みたい都道府県ランキング

住みたい都道府県ランキング

住みたい都道府県ランキング

住みよさ自治体ランキング

住みよさ自治体ランキング

住みよさ自治体ランキング

理想の自治体・田舎を探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

PAGETOP