田舎暮らし 理想の町 町づくり 地域活性化 第二の人生 地方移住 スローライフ 自立社会の確立 企業の社会的責任 CSR ボランティア募集 地域コミュニティ 地方自治体 まちづくりコンサル

田舎暮らし おひとりさま

  • HOME »
  • 田舎暮らし おひとりさま

田舎暮らし おひとりさま

おひとりさま

おひとりさま

『おひとりさま』とは、2009年の観月ありさのドラマで一気に有名になった言葉ですが、それ以前にも使われていた言葉でした。『おひとりさま』と言う言葉は主に大人のシングル女性を指す言葉で、レストランでウェイトレスが『お客様は、おひとりさまですか?』と女性にわざわざ確認することが語源になっています。バブル以前の時代であれば、大人の女性が一人でレストランなどに入ることなど滅多になった時代ですが、バブル以降は自立した女性が多くなり、一人でもレストランなどで外食をとることが増えたのです。そこで、結婚適齢期を過ぎた女性を揶揄した表現として『おひとりさま』と言うようになったのです。

『田舎暮らし おひとりさま』という言葉は、ごく最近の言葉ですが、この言葉も通常はハードな田舎暮らしは男性が主体となり活動するものが、結婚適齢期を過ぎた女性が一人で田舎暮らしを始めることを揶揄して『田舎暮らし おひとりさま』と言うようになったのです。

田舎暮らし おひとりさま メリットデメリット

田舎暮らし おひとりさま

田舎暮らし おひとりさま

このサイトでも何度も説明はしていますが、田舎暮らしと言ってもいろいろな田舎が存在します。地方都市の田舎から、山村の田舎まで田舎レベルは様々です。しかし、大概言葉は独り歩きするものなので、一番問題となりがちな、山村の田舎暮らしを指す場合が多いのです。そこで、『おひとりさま』とは山村での田舎を30歳以上の女性が一人で暮らし始めた場合とします。

通常『おひとりさま』と言うと30台前後を指す場合が多いのですが、最近の女性は若いですし、田舎では高齢化が非常に進んでいるので、50代でも若く見られます。そこで、『田舎暮らしのおひとりさま』とは更に範囲を広げて30代~50代を指すことにします。

おひとりさま メリット!?

田舎暮らし おひとりさま

田舎暮らし おひとりさま

これは、もうわかると思いますが、田舎では若い人が都会に行ってしまいほとんどいませんので、高齢化が進行しています。そのよう中で、都会から来た女性が『おひとりさま』で田舎に住むと、男性が毎日のように近づいてきます。結婚相手として近づく人もあれば、遊び目的で近づくお年寄りもいます。田舎の男性にモテることがメリットかどうかは分かりませんが、女性はそのような目的の為に田舎暮らしを始める人はいません。田舎に素敵な男性がいないとは言い切れませんが、素敵な男性なら既に結婚していることですし、若い男性は都会に働きに行ってしまいます。多くの男性は60代以上でしょう。そのような男性が毎日のように、家に来ては却って迷惑になります。中には、警察沙汰になるようなトラブルまで発生することもあるようです。このように考えると、田舎暮らしのおひとりさまは考えた方がよさそうです。

田舎では新鮮な野菜や果物を近所からもらえると考える人もいるようです。確かにもらえるますが、代わりに手伝いをする必要があります。言って見れば、アルバイト代の代わりに野菜や果物をもらっているようなものです。都会暮らしになれている人にとっては、お金で新鮮な野菜や果物を買った方がストレスがたまらないと思います。

おひとりさま デメリット

田舎暮らし おひとりさま

田舎暮らし おひとりさま

デメリットは沢山あります。先ほどのお年寄りが近づいてちょっかい出してくることもデメリットです。田舎には虫や蛇や獣が多いので、その対応が自分ひとりで出来ないと暮らしができません。また、田舎では車が必須条件です。車が運転出来ない女性だと、生活が非常に大変になります。更に、田舎では何かと力仕事が多いです。例えば、近所の農家の手伝いをさせらることは普通の出来事です。草刈も手伝います。山のゴミ拾いもさせらます。これらはすべて力や体力仕事です。都会で暮らしてきた女性にとっては大変なことです。

田舎暮らし おひとりさま うまくいく方法

田舎暮らし おひとりさま

田舎暮らし おひとりさま

女性のおひとりさまでも田舎暮らしを成功させる方法はあります。先ほどのデメリットをすべて排除するようにすればいいのです。例えば、お年寄りが近づいて困るようであれば、結婚していることにして指輪をはめたり、玄関の標識に家族の名前を入れたりすればある程度は防ぐことができます。また、虫なども慣れることができます。田舎の不便さは車の運転やネット通販である程度はカバーできます。近所付き合いが煩わしいのであれば、田舎の濃い付き合いがないような田舎を探せばいいことです。

大切なことなので、もう一度言いますが、田舎暮らしと言ってもいろいろな田舎があります。ウェルカムな田舎から、排他的な田舎まで様々です。田舎のコミュニティに参加しなければ、村八分になるような村も存在します。自分が求める田舎暮らしをきちんと整理して、理想の暮らしが出来るような地域を探すことです。最近では、体験ツアーなど実際に住む前に体験ができるようなものも沢山あるので、試してみるのもいいことです。まずは、情報を取得していろいろと比較検討してから、自分に合った田舎の体験をしてみるといいでしょう。『おひとりさま』歓迎の地域や田舎もあると思います。また、おひとりさまでも住みやすい田舎も必ず存在します。いきなり暮らし始めることは控えて、よく検討してから始めるといいと思います。

このサイトは理想の田舎暮らしを探すために存在します。もし、自分にぴったりな田舎暮らしを探したいのであれば、まずは無料登録をすることをお勧めします。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

代表書籍『21世紀の思考法』

代表書籍

理想の自治体・田舎を探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

自治体 人口ランキング

自治体 人口ランキング

都道府県 人口ランキング

47都道府県 人口ランキング
世界の人口ランキング

田舎暮らしランキング

田舎暮らし希望地域ランキング

田舎暮らし希望地域ランキング

住みたい田舎ベストランキング

住みたい田舎ベストランキング

住みたい都道府県ランキング

住みたい都道府県ランキング

住みたい都道府県ランキング

住みよさ自治体ランキング

住みよさ自治体ランキング

住みよさ自治体ランキング

理想の自治体・田舎を探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

1718ある自治体から理想の自治体を探す 理想の田舎暮らしを探す

PAGETOP